介護をするときに向けられる世間からの目
私自身、介護業界に4年近く在籍しておりますので、それなりに家族や介護をされる方のことをわかっているつもりでしたが、家族が世間から見られるプレッシャーについてわかっていませんでした。

介護する人に対する他人の目

介護をするときに向けられる世間からの目についてのイラスト 介護する人に対する他人の目とはどういうことかと言いますと、Aさんはヘルパーをしながら認知症の母の面倒を見ていました。Aさんの一人息子はアルバイトしており、家にいることが多いので母親の様子を見て貰っていましたが、認知症の祖母に苛立ちを感じ、暴言、暴力を振るうこともありました。Aさんの母の場合、在宅介護より施設介護のほうが介護費用が掛からなかったので、Aさんは母を病院へ入院させることにしたそうです。一人で生活費を賄っているAさんにとっては、母親を入院させることが唯一の手段でした。しかし世間の目は違って、病院で長期入院をさせ、家に帰ることもさせない。第三者から見れば介護放棄している女性と見られました。
Bさんもまた長年ヘルパーをしていましたが、母親が認知症、父親が脳梗塞を発症し、両親ともに長期入院後、施設へと預けたそうです。しかし、ご近所の母親のお友達からの「お母さんは元気?」「貴方はまだ仕事を続けているの?」「お母さんの面倒は看ないの?」という言葉に精神的苦痛を感じ、近場で働いていた職場を辞め、遠方の施設で働きながら両親の見舞いを続けているそうです。このお二人の話はほんの一例で、介護する人間が両親だけでなく、妻や夫、子供の場合だってあります。「家族が面倒を看て当然」「施設に入れるなんて可哀想」という声は想像以上に多いのです。

世間の目を打開するには

では、世間の目を打開するにはどうしたらいいのでしょうか?実際、第三者からの目というのは逃れられないものがあると思います。人の容姿、学歴格差、介護をしているかどうか、その他にも色々あるかと思います。介護する人の自己認識度にもよるので、どうすることが一番良いとは一概に言えないでしょう。しかし、家族でこれからどう歩んでいくのか?と、話し合うことはできることだといえます。在宅介護でも人がいない間は誰が介護をするのかと話し合えますし、施設介護でも、休みの日には家族や友人に会いに行くことも可能だと思います。
施設入所でも、様々なところで体験入所を行っています。仕事と一緒で一番最初に選んだ施設が納得のいく場所になるかどうかは、断言できません。介護される方も自分が納得のいく人生の最期を過ごす方法はいくらでもありますし、介護する方もそのお手伝いをして、自分自身がいきいきと生活できる方法もあるでしょう。お互いがより充実した生活を送るためには、まず話し合うことが重要なのかもしれません。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop