介護施設が増えても肝心の職員が増えない・・・
介護施設の数を増やすための費用を増税によって賄うという政府の考えが介護業界に暗い影を落としています。

施設の数を増やすことで今問題にあっている介護離職を減らすとともに、待機入居者を解消するという目的があるようなのですが、介護施設が増えてもそこで働く介護職が不足していれば意味がありません。

むしろ施設数が増えても入居できる人数が制限されることもあるでしょう。

待機者の増加に伴い施設の増加を増やす方針

介護施設が増えても肝心の職員が増えない・・・についてのイラスト 高齢化社会により高齢者の数が増えています。
要介護者の人数も増加しており、特別養護老人ホームなどの施設の入居を待つ待機者の数も増えています。

自分の家族を介護するために仕事を辞めてしまう介護離職の数も増加しているという問題も生じています。

しかしこの問題は介護施設を増やして入居できる人数を増やせば解決するわけではありません。介護施設で介護をする介護職の数も一定数確保できなければいけないのです。

介護現場では今既存の施設ですら介護職の確保が難しい状況であるのにも関わらず新設するということは 既存の施設の介護職をも不足させてしまうことになるでしょう。

介護職が置かれている状況

護職は人間を相手にする職業です。
介護を必要とする人たちを持ち上げる、トイレや入浴の介助をするなどの身体を酷使するため、身体的疲労も多くなります。

更には人間と関わる仕事であるため、精神的な疲労負担もかかります。

誰でもできる仕事と思われがちな介護ですが、専門的知識が必要になります。

ただ介護をするのが介護職ではなく、介護を受ける人が自立した生活を送るための意欲を引き出すと言った働きも必要になります。
そのためには介護に関する専門的知識の学習が必要になり、さらに自己研鑽をしなければいけません。

しかし介護職の待遇の悪さは他の業種と比較しても差が歴然としています。

ハードな仕事であるにもかかわらず給与が良いとは言えません。
むしろ仕事内容に見合っていないケースが多いです。

そのような状況の中、新規施設を増やし待機入居者を減らすというのは不可能です。
もっと 介護の現場の声を聞き、待遇を改善しない限り介護職が必要人数に達することはないでしょう。

まとめ

介護職不足は慢性的であり問題になっています。

しかし待遇改善については徐々に進められてはいるものの介護職が満足できるものではありません。

施設への入居待機者を減らすということはもちろん、介護のために離職する介護離職を減らすことも早急に行わなければいけない課題ではあるのですが、それを支える介護職の待遇を今一度見直して「介護職でよかった」と誇りを持って働くことができるような環境を作るべきではないかと感じます。

ただ箱モノを作れば解決すると言った簡単な問題ではないことを理解しなければなりません。


2016年6月28日 17:00
 

  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop