介護職の社会的評価を上げるには?
看護師という職業のように、介護を専門にしている介護職という言葉もようやく社会に定着してきたように思います。
しかし、この介護職は、看護師などの医療職とは違い、社会的評価低いのが実情です。

人材不足の解消を図るためには、介護職の社会的評価も上げるような対策が必要なのではないでしょうか?

介護労働実態調査の結果

介護職の社会的評価を上げるには?についてのイラスト 介護労働安定センターより、2015年度の介護労働実態調査の結果が公表されました。

その結果、大きな問題が2点ありました。

一つは、「賃金が低い」ことです。前年度調査よりも4ポイント近く低下していますが、処遇改善加算の引き上げでもまだまだ十分ではないことがわかります。

もう一つの問題点は、介護職の「社会的評価が低い」ことが3年連続増加している点です。

また近年、介護職員による高齢者の虐待報道が増えています。
調査結果においても、施設での虐待件数も増えています。

このようなマイナスイメージの報道が、介護職の社会的評価の低さにつながっているように思えます。

介護職は専門職とはいえ、介護に対する社会的な認識の中では、まだまだ家族が行うものという考え方が根強いです。

そのため、介護職は「プロとしての仕事」というよりも「家族ができないことの代行業」という考えが残っています。

そのため、「介護職の専門性」という社会認識が薄いからです。

介護職の社会的評価を上げるには?

この社会的評価を上げることによって、人材不足問題も解消につながっていくと考えます。

そのためには、国の施策も考え直さなければいけないのです。
「処遇改善をしたのだから、賃金も上がるから、それでいいだろう」ではだめなのです。

専門性のあり方が十分ではないのです。

医療ではできない介護専門職のよるケアで、健康寿命を伸ばしている、認知症になっても、社会参加を果たすことができていることを評価していかなければならないのです。

まとめ

介護職の大きな問題は、慢性的な人材不足です。

専門職としての魅力が伝えられているのなら、チャレンジしてみようと思う人も出てくるはずです。

しかし、それが不十分なため、いつまでたっても問題解消の糸口すら見つからないのです。

介護職は「家族介護の代行業」ではありません。専門職によるケアによって、高齢者の社会参加も増えています。その点を重視した評価をされていくような対策を望んでいます。


2016年9月11日 15:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop