介護美容脱毛に熟年女性が注目!介護と脱毛の意外な関係?
介護美容脱毛と言う言葉ご存知ですか?介護を自分が受けるときに迷惑をかけたくなく、衛生的でいたい、という思いで脱毛を考える人もいるようです。ムダ毛がずっと生えてこないようにする永久脱毛は、若い女性を中心に今や一般的な美容行動となりつつあります。 最近では、自分の老後のために、40代、50代の女性にデリケートゾーンの脱毛施術を受けにくる人が増えつつあるようです。

脱毛する理由

介護美容脱毛に熟年女性が注目!介護と脱毛の意外な関係? デリケートゾーンの脱毛は、若い年齢層を中心にしたファッション感度の高い一部の女性などの流行だと思っていました。ところが、詳しくみてみると、40代、50代の普通の女性がアンダーヘアを全てなくす脱毛(VIO脱毛)の施術を受けに来るケースが目立ってきているそうです。その理由が介護なのです。自分で介護を経験した人がおむつ交換時などにとても手間がかかった体験にあるのです。
「これまでデリケートゾーンを明るいところで他人に見られることなど考えていませんでした。しかし、よく下のお世話をするとき、見て拭かないとそこから炎症や感染症を起こすリスクがあることが分かりました。赤ちゃんのようにツルツルの肌なら、拭き取るのも楽だし、ケアの手間も少なくてすみます」
このように、自分が介護されるときのことを想像して、今のうちに手を打っておこうと脱毛のためサロンに通っている方もいるのです。
でもなぜ、介護されるにはまだ早い40代、50代で脱毛の施術を受けるのでしょうか。それは白髪になる前に・・ということなのです。アンダーヘアも目立ちませんが、白髪になります。サロンでの脱毛は、レーザーを使用します。このレーザーは、毛母細胞の黒い色素(メラニン)に反応して、その細胞を焼くことで毛が生えてこないようにします。メラニンのない白髪には反応しないのです。そのため、白髪の少ない40代、50代のうちに施術しようということになるのです。

まとめ

要介護になる人口は、年々増加の一途をたどっています。同時に40代、50代を中心に身近な人を自分で介護する機会を持つ人が増えています。その介護経験が、将来自分が介護を受けることになった場合、少しでも他人への迷惑を減らしたい、人に見られたときに少しでも綺麗にしておきたい、自分自身が少しでも綺麗でいたい。そんな思いが熟年女性たちの心に生まれ始めています。デリケートゾーンの脱毛が、老後への不安解消のひとつとなりつつあるようです。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop