新しい介護予防の形とは?高齢者がゲームセンターに集う?
高齢者ゲームセンターで楽しむ姿を見るようになり、介護予防につながるのではと言われています。

介護予防とは要介護状態になることをなるべく遅らせること、今の介護状態を悪化させないようにすることを指しています。

ゲームセンターに高齢者が多くなった理由とは

新しい介護予防の形とは?高齢者がゲームセンターに集う?についてのイラスト 平日のゲームセンターには高齢者が多く楽しんでいます。

景品を取るためにゲームをすることを目的としている人はほぼいなく、メダルで楽しむ高齢者がほとんどです。

常連になっている高齢者もいるようで店員や顔なじみの高齢者同士で雑談しをしながら楽しまれていられる様子が見かけれらているそうです。

ゲームセンターは以前と比較してとても入りやすい環境になりました。
特にショッピングモール内にあるようなゲームセンターは明るく誰でも楽しめるようなゲームが置いてあります。

また簡単に操作できるものばかりなので高齢者にとっては楽しみやすいのではないでしょうか。

またメダルゲームであればパチンコのように利益を考えていないためそれほど所持金を使わなくても長く楽しめます。

そしてゲームセンターに行けば誰かと話しをしながら楽しめるといったこともあり、これらがゲームセンターに高齢者が増えた背景になるような気がします。

介護予防としてのゲーム

介護予防は介護状態になることをなるべく遅らせること、今の介護状態を悪化させないようにすることです。

またゲームセンターは高齢者にとって介護予防になるような気がします。

ゲームセンターに行くだけでも家を離れて外出の機会を持つ、運転できない人でもバスなどを利用して出かけるとなるとバスの時間などを考えて行動する、歩く、お金の管理をする、ゲームをする時に考えるなどのプロセスを経ています。

これらはすべて身体面でも認知面でも介護予防につながるようですね。

また何度もゲームセンターに通うと顔なじみの高齢者や店員ができます。

そうするとその人たちと話をするという楽しみもできますし直接他者とコミュニケーションを取るということで孤独感の解消にもなりますね。

オマケに脳の活性化にもつながります。

いつかは高齢者のための施設になるかも…

日本の高齢化や長寿化に伴い、高齢者世帯や一人暮らしの高齢者も増えています。

そういった高齢者は外出する機会が少なくなり、自宅で過ごす時間が多くなるでしょう。

その時にゲームセンターに出かけるということで楽しみを見つけると閉じこもりの予防にもなります。

そして今ある通所介護のように介護を必要としない高齢者向けのゲームセンターが設置され、地域の交流の場でもあり見守りの場でもあるような施設ができるかもしれませんね。


2016年8月20日 19:00
 

  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop