「介護予防活動支援補助金」が交付されます!
今後の超高齢化時代を見据え、要介護にならないように「介護予防」に力を要れ、地域で暮らせるための 日常生活支援などが行われています。

そのために「介護予防活動支援補助金」を全国では総合事業に取り込み 実施しています。

では介護予防活動支援補助金について考えてみましょう。

介護予防活動支援補助金とは

「介護予防活動支援補助金」が交付されます!についてのイラスト “介護予防事業を行う地域の組織に対し、介護保険法に規定する地域支援事業として、予算の範囲内において 補助金を交付することにより、介護予防活動を支援するものです”

つまり、住民が主体となって組織された団体に支援されるものです。 その団体とは「介護予防に取り組もう!」としている団体です。必要経費の一部を補助することで、高齢者の介護予防 の団体の数が増えれば、行く場所も増えることから高齢者の参加も増加するだろうと考えられているためでしょう。

日本全体で、「介護予防に取り組んでいこう」という傾向から補助金となったのです。
でも、補助金を出すだけではなく、地域の自治体やボランティアの方々の協力もお願いします。

福岡市は現在取り組んでいます。

現在、福岡市では高齢者の健康づくりや介護予防を促進する「福岡市介護予防活動支援補助金」の交付を始めました。 福岡市の対象となるのは、福岡市内在住の65歳以上の人が5人以上のグループが対象です。

活動は「健康づくり・介護予防」に関する事を1年間月2回以上継続してのグループとなっています。

使い道に関しては、設営場使用料、教材購入費や講師料などとなっています。

介護予防の必要性

世界一の長寿国の日本で、一番問題になるのが「健康寿命」です。
高齢者を65歳とすると、平均余命はおよそ男性には18年、女性には23年残ります。

その年月をいかに健康で楽しく 遅れるかが重要なの課題です。誰もが介護状態になりたくないはずです。

ではどうすればいいのでしょうか? まず老化を「予防」することです。食生活・運動習慣を身につけ、孤立しない日常生活を築く事が大切です。 人間の体は適切な対処があれば、現状を維持できるのです。
年を重ねる事で出来ないのが当然と諦めない事が大切です。

家の中に引きこもっていないで、出かけましょう!
そのためにも、色々な市民活動へ参加しましょう。地域ごとにこれから益々様々な団体が設立されてくると思います。

積極的に設立にかかわり、運営に携わり地域の皆さんと楽しく健康維持に努めることが「介護予防」の第一歩です。

まとめ

国も地方自治体も、介護予防に視点を捉えて支援補助金という形で協力しています。
高齢者のみなさんと地域の皆さんで 盛り上げていきましょう。

また、支援団体では活動内容の充実を図り、高齢者が取り組みやすいメニューを考案してください。
高齢者もお誘いがあったときは、進んで参加するようにしましょう。

それが要介護に遠くなる道だと思います。 健康で楽しい日々を過ごせる事が一番の幸せですね。

「介護予防」は誰のためでもありません。一人ひとり全国民のために繋がっています。
 

  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop