介護予防の運動にも資格が!「介護予防運動トレーナー」を取ろう!
高齢者社会では、介護予防が重要視されています。
さまざまな取り組みがありますが、介護予防運動トレーナーという資格もあるのです。

あまり知られていないこの資格ですが、どのようなものなのでしょうか?

介護予防運動トレーナーとは?

介護予防の運動にも資格が!「介護予防運動トレーナー」を取ろう!についてのイラスト 要介護状態になることを防ぐことや介護状態の悪化をできる限り防ぐことを目的に高齢者の活動レベ ルや役割レベルを向上させ、生活の質を上げるよう支援しています。

また、高齢者の生きがいや 健康づ くり活動、寝たきり予防のための知識の普及啓発活動も行っています

。介護予防運動トレーナーは国家 資格ではありませんが、講習会の受講が必要です。

この講習会は基本的に介護福祉士・看護師・理学療法 士・作業療法士などの有資格者が対象になります。

介護予防対策

要介護状態にならないようにするには、やはり予防が重要です。

日々の生活の中での食生活の改善・運 動機能や口腔機能の向上が大きな役割を担っています。
/br>デイサービスなどで行っている体操やレクレー ションがそれに当たります。

デイサービスに通っている方は、日々何となく行っているので、介護予防対 策とは意識されていないかも知れません。

毎日何となく行っていることが、大きな役割を果たしている・・・。

それが介護予 防運動トレーナーの仕事なのです。

介護予防運動トレーナーの役割

要介護状態になってしまうことを防ぐだけではなく、高齢者の自立した生活をめざし、サポートしています。

本来高齢者が持っている身体機能を十分に活かすための効果的なトレーニングや生活習慣への援助を行っていきます。

そうすることで、高齢者自らが主体的に自分の心身を作り上げようとするようになります。
それが、高齢者の自立した生活への援助となっていくのです。

まとめ

高齢者にとって自立した生活ができることは、何よりの生きがいとなるはずです。

そのためには、心身機能や生活環境を整えることが必要です。

高齢者自身では、「自立した生活」への目標のための活動はなかなかできないことなので、誰かのサポートがあると心強いはずです。

そのために必要なのが、介護予防運動トレーナーだと思います。

国家資格ではないため、あまり知られていないものですが、これからの介護施設や介護予防に力を入れていくフィットネス施設、健康関連企業での活躍が期待されています。


2016年8月30日 15:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop