高齢者の為に移動スーパーを!介護用品業者が乗り出す
病院や施設向けに介護用品を販売する長野県の「ヒューモニー」が移動スーパー事業に乗り出しました。アイスクリームや飲み物、生鮮食品、洗剤やおむつも積んでいます。品数は200~300程。価格は一般価格より少し割高ですが、足腰が弱くなりなかなか遠方のスーパーまで足を運ぶのが大変だった高齢者の方々に人気を呼んでいます。 高齢者が移動スーパーを求めるのはなぜでしょうか?

アイスクリームを買いにタクシーで

高齢者の為に移動スーパーを!介護用品業者が乗り出すについてのイラスト きっかけはある仕事先のお年寄りがアイスクリームを買いに行くのにタクシーを使って出掛けているのを知ったのが始まりでした。足腰の弱くなった高齢者の方にとっては少しの距離を歩くのも大変なことです。もし家の周りが坂道や階段の多い町であればなおさらのことでしょう。そんな現状を知った「ヒューモニー」の担当者が「何とかできないだろうか」と考え、移動スーパーへの実現となりました。

宅配やお弁当宅配もあるが…

最近では高齢者の方だけでなく、様々な宅配やネットスーパー、宅配弁当がありますが、
・ネットスーパーはそもそも扱い方が高齢者にとっては難しい。
・宅配は便利だが届くまでに時間がかかりすぎて今食べたいものが買えない。
・宅配弁当は自分好みの味でないことがあり飽きやすい。自分でまだ料理したい。
などの意見があり、昔ながらの商店へ行って今日の献立を決めていた高齢者の方々には馴染みにくい問題がありました。その点、移動スーパーでは自宅近くまで車が来てくれて、自分のほしいものを目で見て購入する事ができるのです。

定期的な訪問で見守りやふれあいの場に

又、定期的に訪問するようになるとその場に集まる方同士の顔見知りも増え、販売員との会話も弾んできます。その事で地域の見守りに役立ち、地域住民のふれあいの場にもなり町が活性化されていくのです。実際にこの移動スーパーを利用された方も販売員と言葉を交わして商品を選ぶ顔に笑顔がみられます。「また来ようかな」との声も上がっています。

まとめ

現在この「ヒューモニー」の移動スーパーでは週に4回訪問しています。まだ試験的な運用ですがお客様からの取扱商品の要望が寄せられたり、需要も高まってきています。私が住んでいる所も坂道の多い山のふもとで高齢者の方は買い物へ行くために坂道カーブを頻繁に揺れるバスに乗って出かける姿は大変そうです。我が町にも是非このような移動スーパーが訪問してほしいですね。そしてこのような高齢者に寄り添った事業がこれからも増え続ける事を願います。
参考元:中日新聞


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop