買い物難民の支援策を充実!トラックをより効率的に配車する!
買い物難民支援策が検討されています。
買い物難民とは人口減少に伴い過疎化になってしまった地域で商業施設が撤退してしまうことで買い物をすることができず、生活に不便を感じている人を指します。

特に高齢化が進んでいる地域で多く買い物難民がいるようです。
買い物難民に対する対策も進められているのですがまだまだ不十分のようです。

買い物難民とは

買い物難民の支援策を充実!トラックをより効率的に配車する!についてのイラスト 高齢化が進む日本ですが、その余波は買い物という日常生活にも及んでいます。
高齢化により人口減少や過疎化が生じている地域では、スーパーや商店などの閉店や撤退が起こります。

そのため日常生活における買い物が困難になっています。このことを買い物難民としています。

買い物難民に対しては様々な対策を講じてはいるのですが、手の届いていない地域も数多く存在しています。
また住民間で共同経営していた商店なども経営的に難しくなり、自治体の補助を受けながら焦点を継続しているところもあるようです。

買い物難民に対する対策には

買い物難民に対する対策としてはネットを利用したネットスーパーや移動販売が主になっています。
ネットで簡単に注文できる反面、中山間地域への配達には配送料がかかってしまうケースが多く、費用負担が大きくなってしまうデメリットがあります。

また移動販売では週に1~2回販売に行くケースが多くなっています。
この移動販売でもガソリン代などを考えると費用負担が多くなってしまうデメリットが生じてきます。

またどちらの場合でも対応可能エリアに限界があるのではないでしょうか。

そのため買い物難民に対する対策を検討する時にはまずその過疎化や高齢化が進む地域そのものへの対策を講じる必要があるのではないでしょうか。

また高齢者が買い物に行くことができないということは自宅に閉じこもることにも繋がるため、買い物をする場所を地域内に設けることで外出の機会を増やすと共に交流を図ることが可能になります。

まとめ

ネットなどで何でも簡単に手に入れることができる現在ですが、中山間地域などの高齢化や過疎化が進む地域では買い物すら満足にできない買い物難民がいるということを知っておくべきではないかと考えます。

またそうした地域に住む高齢者たちは外出の機会を失っているとも考えられるため住民同士で交流する場を作り、閉じこもりを防止していくことが求められます。

買い物難民という言葉では買い物だけに困難を感じているような感じがしますが、それ以外にも問題をいくつも抱えていることを知っておきましょう。


2016年11月3日 19:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop