会社員に向いてない?そう思う前に今の自分を振り返って!
ある起業家が「会社を辞めないという選択」提案しました。その一方で会社員には向いていないと投げ出す若者が増加しています。

とはいえ「自分の夢は何か?」と聞かれ、すぐに答えられる人は案外少ないかもしれません。
会社員に向いてない、そう思うだけでやめてしまうと、自分が高齢になった時、リスクを負ってしまうかもしれませんよ?

自分は会社員に向いてない!

会社員に向いてない?そう思う前に今の自分を振り返って!についてのイラスト 最近では自宅で働くことができる環境も整ってきました。「ノマドワーカー」というフリーランスでお仕事を行う方も以前ではなかなか考えられませんでしたが、すでに定着しつつあり、現代の日本では様々な働き方が増えてきていると言えるでしょう。

とはいえ、私は会社に毎日勤めている、そういった方がほとんどだと思います。
通勤時間が長くなる方も少なくないでしょうし、日々決められたスケジュールをこなしていくということは決して簡単なことではありませんよね。

このような働き方が多様化している現在では、「もしかしたら自分は会社員には向いてないのではないか?」、そう感じてしまう機会も以前より増えてきているといっても過言ではないでしょう。

また現代の若者であれば、パソコンなどのスキルが一定以上備わっており、またインターネットに対し非常に密接な関係を持っている方がほとんどですので、より意識しやすい状況なのかもしれません。

会社員を辞めるリスクも知っておこう

とはいえ、大多数の方が現在も会社員として働いています。
その最も大きな理由が「安定性」といえるのではないでしょうか?

会社員に向いてないという理由で思い切って独立したとしましょう。
どのようなビジネスモデルで事業を行なっていくのでしょうか?

また当然、会社を立ち上げるとなると手続きや一定額以上の資金も必要となります。
よしんばこの辺りの問題が解決したとしても、事業自体が必ずうまくいくとは限りません。

失敗したとなると、高齢者になった時の自分どころか、現在の自分の生活が行なっていくことも難しくなってしまう可能性もあるのです。
これらのようなリスクがあるということをしっかりと理解しておく必要があると言えるでしょう。

まとめ

会社員に向いてない−どのような理由からそのように感じるのでしょうか?
当然事業が成功することで、現在よりも裕福な生活が営める可能性もあります。

その一方、失敗したときのリスクも存在しているということをしっかりと理解しておく必要がありそうです。


2016年10月29日 15:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop