家事代行サービスは利用も提供もメリットがある!
今、CMでも家事代行についてたくさん見ることができます。以前は家政婦のように住み込みでしていたものが、外注できるようになりました。また、いろいろな付加サービスを付ける事業者も増えてきています。核家族や高齢者世帯にとって家事代行はとても魅力的です。

家事代行サービスとは

家事代行サービスとは名前の通りに、自宅の掃除や洗濯、食事の準備などの家事を代行してくれるサービスです。昔は家政婦さんやお手伝いさんが自宅に住み込んだり通ってきたりして代行していました。今は、いろいろな事業者が家事代行に名乗りを上げて私たち依頼者にとっても選択肢が増えてきました。
家事代行サービスは利用も提供もメリットがある!についてのイラスト この代行サービスは介護保険でも訪問介護というサービスで行われています。これは介護認定を受けている方に対して必要に応じヘルパーなどの有資格者が自宅へ訪問し、掃除や洗濯、食事の準備のお手伝いを行っているものです。またその中には着替えや入浴介助、病院への同行のサービスもあります。ここは一般的な家事代行サービスと異なるところです。

高齢者における家事代行サービスは

介護保険の認定を受けている方であれば、訪問介護のサービスを利用できます。しかし、認定を受けていない方は利用できません。しかし、高齢者だけの世帯では家事がなかなかできないこともあるでしょう。そのような時に家事代行のサービスはとてもありがたいのです。また、高齢者は利用する側だけではなく家事代行のスタッフとして働くこともできます。昔の家政婦さんやお手伝いさんは年を取っても働いていました。また、年の功という言葉もありますが、年を重ねることで家事の流れなど経験が生かされる部分もあります。
そして高齢者世帯にとって若い世代に来てもらうのに抵抗がある人も中にはいます。そこへ年が近い人が来てくれたら安心して任せることができますし、料理の味付けなどの好みも伝わりやすいのではないでしょうか。

まとめ

実際にシルバー人材センターでも家事代行サービスを行っているところもあります。年を取っても経験を生かして働くことができる環境というのは生きがいにもつながりますし、いつまでも元気に過ごすことができます。このように家事代行サービスは高齢者にとっての助けにもなり、さらに提供する側でも活躍できるものなのです。これからも年を取っても生き生きと生活できるような場を作り上げていきたいものです。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop