かかりつけ薬局を国が推進、そのメリットとデメリットとは?
かかりつけ薬局をお持ちですか?
かかりつけ薬局を持つことにより薬についてのメリットやデメリットがあります。

国としてはかかりつけ薬局の推進をしているのですが、まだまだ周知されていません。
何種類も内服している人にとって薬の相互作用などを考えるとメリットになるような気がします。

かかりつけ薬局とは

かかりつけ薬局を国が推進、そのメリットとデメリットとは?のイメージ 平成28年4月から開始になったかかりつけ薬局ですが、どのようなシステムなのでしょうか。

また「薬局なんて薬をもらえればそれでいい」と思っている人も多くいるのではないでしょうか。

かかりつけ薬局は医療機関を受診した時に処方される薬を始め、市販薬やサプリメントも併せて把握し、相談に乗ってくれる薬局のことを指します。

例えば整形外科や内科、歯科など様々な医療機関を受診し、それぞれから薬を処方されている場合には薬の重複などの可能性があります。

特に高齢者は病気を多く持っているケースが多く薬の重複を始め飲み忘れなどが生じるリスクがあります。

そうした時にかかりつけ薬局ではどの医療機関で何の薬が処方されているのかということを把握し、必要に応じて医療機関への問い合わせなどを行い、安全に内服できるように支援をしているのです。

かかりつけ薬局のメリットやデメリットは

内服しているすべての薬を把握してくれているという存在は、
薬を安全に使用することに対してのメリットになります。
かかりつけ薬局では内服薬を始め、湿布などの外用薬も併せて把握しています。

そのため、市販薬との相互作用などを把握し、副作用などが出ないようにしてくれます。

しかしかかりつけ薬局のサービスを受けるためには手数料がかかるようになりました。
3割負担の人であれば60円~100円程度負担が増加します。
これはデメリットと考えられます。

しかし薬をすべて把握し、相談できる存在を1回あたり60円から100円で得られるということは
安心を得るには比較的安価なのではと考えます。

まずは気軽に相談できる薬局を

かかりつけ薬局は今年春から始まったものです。
そのためかかりつけ薬局になりうる薬局の数もまだ多くはありません。

そうした環境の中、自宅近くやよく受診する医療機関の近くに薬局があるのであれば
その薬局で薬の相談をしてみてはいかがでしょうか。

薬剤師は薬のプロです。
なかなか医師に薬のことを相談しにくいと感じている人もいるでしょう。

そうした時に薬剤師に相談してみて下さい。薬剤師から医師に薬の相談をすることも可能です。
安心して薬を使用できるようにぜひ薬剤師に疑問などを相談してみて下さいね。


2016年11月2日 9:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop