地域包括ケアに大切なかかりつけ医の定義と重要性
日本医師会ではかかりつけ医定義を「なんでも相談できる上、最新の医療情報を熟知して、必要な時には専門医、専門医療機関を紹介でき、身近で頼りになる地域医療、保健、福祉を担う総合的な能力を有する医師」としています。

今、大病院では急性期の治療を受けなくても良いような人たちが受診するコンビニ受診で悩まされているそうです。そのコンビニ受診を失くすためにも私たちにはかかりつけ医を持つことが重要視されています。

日本医師会におけるかかりつけ医の定義とは

地域包括ケアに大切なかかりつけ医の定義と重要性についてのイラスト 日本医師会ではかかりつけ医を「なんでも相談できる上、最新の医療情報を熟知して、必要な時には専門医、専門医療機関を紹介でき、身近で頼りになる地域医療、保健、福祉を担う総合的な能力を有する医師」と定義しています。

この定義から読み取れるのは、常に最新の医療に関する情報を得て、地域の中で医療保険や介護などの福祉に関わる力があり、病院との連携も図れていて、 気軽に相談できるような医師ということでしょうか。

自分が住む地域の開業医の医師を見ていると高年齢化しており、最新の情報を持っているかどうかと聞かれたら疑問が残ります。

また、地域医療には貢献しているとは思いますが、介護などの福祉分野に関わっているかと言われてもまた疑問が残ってしまいます。

高齢者にとってのかかりつけ医の重要性とは

かかりつけ医はホームドクターとも言えます。
日頃からの関係性ができていることや自分の体調などを良く知っていてくれている存在は地域での生活をしていく上でとても大切な存在です。

また、何か大きな病気などになった時に自分で総合病院へ受診するよりもかかりつけ医の紹介があった方がスムーズに事が進みます。

よって病気になりやすく、複数の病気を持っていることが多い高齢者にとってかかりつけ医を持つことは自分自身の健康管理の上でもとても重要と言えます。

また高齢者にとって身近な介護についてもかかりつけ医は大きな役割を持っています。介護保険の認定を受ける時に必ず「主治医意見書」を作成してもらうのですが、かかりつけ医だとより詳しく症状などを記入してくれます。

さらに 介護が必要になった時も病気の診察や日常生活のアドバイスをしてくれます。

まとめ

「かかりつけ医は医療におけるケアマネジャーのような存在」と言われている方がいました。まさしくその通りではないかと感じました。

これからの高齢化社会に対してかかりつけ医の存在は、地域包括ケアシステムでも大きな役割を持っています。高齢者はもちろん、若い世代も信頼できるかかりつけ医を見つけていきたいですね。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop