冬に起こりやすいかくれ脱水、その対策を根本から考える!
でも脱水になるかくれ脱水。特に対策をしなければならないのは中高年層です。

なぜ中高年層にかくれ脱水が起こりやすいのかというと喉の渇きを感じにくく、水分を取る量が減少してしまうということが関係しているためです。

また冬という季節もかくれ脱水のリスクを上げてしまう環境になります。
そうしたことを理解してかくれ脱水の対策をしていくことが求められます。

かくれ脱水とは

冬に起こりやすいかくれ脱水、その対策を根本から考える!についてのイラスト かくれ脱水とはそのようなものなのでしょうか。
脱水かもと気付いた時には重症化しているのが脱水の特徴になります。

その脱水の自覚症状がないものをかくれ脱水としています。特に高齢者に多いとされています。

高齢者は食事の量も減少します。
またのどの渇きが感じにくくなるため水分の摂取量も減少します。


併せてエアコンなど暖房器具を使用することで室内の湿度も低下してしまうこともかくれ脱水の原因となります。

かくれ脱水になってしまうと身体の中の水分が減少してしまいます。
そのため血液がドロドロになりやすく、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクが高まります。

かくれ脱水の対策は?

夏場は熱中症による脱水のリスクが高くなるためそれなりに脱水対策をしていたという高齢者も多いのでは。

しかし冬でもかくれ脱水のリスクがあるため、意識してかくれ脱水の対策をしていくことが必要になります。

ではどうやってかくれ脱水の対策をしていくのでしょうか。
水分をこまめに摂るということは夏場の脱水に対する対策と同じです。

注意しなければならないのは室内の環境です。

暖房器具を使うことが多くなる冬は室内が乾燥しやすい状態です。
そのため湿度が低下してしまうのですが、その乾燥により身体の中の水分が蒸発してしまいます。


冬の室内の湿度は50%から60%を保つようにしましょう。
加湿器の使用や洗濯物などを室内に干すということだけでも湿度を保つことができます。

食事も意識しましょう。
ミネラル分の多い小松菜やホウレン草などを積極的に摂るようにします。

また季節の果物も水分を多く含んでいるためおすすめです。

水分もしっかりと摂りましょう

冬でものどの渇きを感じる前に水分を摂るようにします。
毎日の食事3食の時に水分を摂る他にも10時や15時のおやつの時間にもお茶を飲むなどをして意識的に水分を多く摂るようにしていきましょう。

また入浴後も喉が渇いていなくても汗をかいているため水分が少なくなっています。

しっかりと水分を摂るようにしていきましょう。こうしたことをしっかりと行い、冬のかくれ脱水の対策をしていきましょう。


2016年12月13日 19:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop