仮面高血圧とは?その原因と症状について
定期受診など病院で測定する血圧が正常であるのに普段は高血圧であるという状態を仮面高血圧と呼びます。また仮面高血圧では頭痛などの高血圧で起こる症状が出ないこともあり知らない間に心疾患や脳血管障害のリスクを高めている ので「サイレントキラー」と呼ばれています。

他の高血圧と同様に喫煙や動脈硬化が原因と言われています。
またこの仮面高血圧はいくつかの種類があります。

仮面高血圧とは

仮面高血圧とは?その原因と症状についてについてのイラスト 「高血圧を指摘されても病院で測定したら正常値だった」という経験をした方はいませんか?もしかしたら仮面高血圧かもしれません。

仮面高血圧とは早朝高血圧・夜間高血圧・ストレス高血圧の3種類があると言われています。早朝高血圧では朝、高血圧になっている状態です。ヒトは夕方から夜にかけて血圧が下がり、早朝から活動に備えて血圧が徐々に上がっていきます。

しかし早朝に急激に血圧が上がってしまう「モーニングサージ」という状態が加わってしまうと心疾患のリスクが高くなるという研究結果があります。

また夜間高血圧は睡眠中も下がるはずの血圧が下がらない状態のことを指します。ストレス高血圧はその名の通り、ストレスがかかっている時に高血圧になってしまう状態を指します。このストレス高血圧は地震の後などに心疾患や脳血管障害で亡くなった人が当てはまると言われています。

これらの仮面高血圧では自分が高血圧であることに気付いていないケースが多く、症状も感じないことが多いとのこと。そのこともより「サイレントキラー」と呼ばれることに関係しているのです。

仮面高血圧を知るにはどうしたらいい?

高血圧を指摘されて病院で測定しても正常値だった時、そのまま正常だからと何もしないのは仮面高血圧を放っておくことになりかねません。もし、高血圧を指摘されたら定期的に血圧を自分で測定することが必要です。

もし自分で測定する場合は朝・就寝前と必ず2回以上測定し、1週間の平均値を確認します。朝は起床後1時間以内・朝食前・服薬前に行います。測定前は深呼吸をして落ち着いてから図りましょう。

また就寝前も同じようにリラックスしてから測定します。1週間の平均値が最高血圧が135 mmHg以上、最低血圧が85mmHg以上の場合は受診をしてください。

まとめ

知らない間に高血圧が進行し動脈硬化などで心疾患や脳血管障害のリスクが上がってしまう仮面高血圧。

実際に病院で血圧が正常でも朝と就寝前の血圧測定をして早期に発見できるようにしたいと感じました。
1日2回血圧を測定するだけで仮面高血圧を発見できるのであればしない手はないですよね。

皆さんもぜひ意識して血圧を測ってみて下さい。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop