正しく手洗い出来ていますか?感染症予防には正しい手洗いが不可欠です。
正しい手洗いをすることで感染症を予防することができます。
今の時期、インフルエンザを始めとする感染症が流行する時期です。
また寒さが続くため風邪などを引きやすい時期でもあります。
そのためしっかりと正しい手洗いをすることを意識することが大切なのです。
ただ手洗いをするだけではなく、正しい手洗いを覚えて行うようにしましょう。
そして携帯用の消毒液を活用する、マスクを着用するなど感染しないように意識していきましょう。

正しい手洗いとは

正しく手洗い出来ていますか?感染症予防には正しい手洗いが不可欠です。 皆さんは手洗いにどれくらいの時間をかけているでしょうか?
また正しい手洗いをしていると自信を持って言えるでしょうか?

正しい手洗いについて改めて確認してみましょう。
まずは手を水で濡らした後にハンドソープを泡立てて手の全体をこすります。
洗うのは手のひらから手の甲、指の間、親指、小指、手首までを洗うようにしてください。

意外と洗い残しがちなのが親指や小指側です。
ここも忘れずに洗うようにしましょう。

だいたいこれら全体を20秒~30秒程度かけて洗うようにしましょう。 

そして洗い終わった後は流水でよく洗い流し、洗い流した後はペーパータオルで水分を拭き取りましょう。

持ち運び可能な消毒液も有効

今、持ち運びできる消毒液も販売されています。
そうしたものを持ち運び、手洗いができない時に活用するようにしましょう。

消毒液を使う時には手のひらに500円玉大の量を取り、良く左右の手のひらをこすり合わせるようにしましょう。
その時に手のひら以外にも手の甲や指の間など手洗いをする時と同様にまんべんなくいきわたるようにしてください。

手軽に使える消毒材ですが、手荒れをしやすいため乾燥しやすい方には保湿成分の入ったものを使うことをおすすめします。
市販されているものには手にやさしい成分のものもたくさんあります。
自分の皮膚に合ったものを使うようにしてくださいね。  

まとめ

これからの時期インフルエンザも流行しますが、ノロウイルスも流行する時期です。
ノロウイルスは手洗いが有効なのですが、消毒液では効果が不十分なこともあります。
外出から戻った時、食事をする時などは必ず手洗いをして感染を予防していきましょう。

また手洗いの他に人ごみに行く時にはマスクをするのも感染予防になります。

咳をしている時には口を抑える、マスクをするなどのエチケットができている人だけとは限りません。

感染予防を意識して行動し、この冬を元気に乗り越えましょう。


2018年1月9日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop