カラオケで歌うのはカロリーの消費?ストレス解消の効果もある!
カラオケで歌うとどのくらいのカロリー消費されるのでしょうか。

今、「ひとカラ」と呼ばれる1人で楽しむカラオケが流行しています。
カラオケに行き好きな曲を大声で歌うだけでもストレスを発散させることができます。

また同時に歌うということでカロリーの消費もできます。
曲によって消費するカロリーは異なりますが、大体の曲で10kcalくらい消費できるとのことです。

ストレス解消の効果があるカラオケ

カラオケで歌うのはカロリーの消費?ストレス解消の効果もある!についてのイラスト カラオケを提供している企業と大学が共同で行った研究によると、身体が感じているストレスの程度の指標となるホルモン値がカラオケをすることで低下するということが分かりました。

このストレスの指標となるホルモンは血糖を下げるインスリンの作用を低下させる、睡眠に必要なホルモンを阻害するなどの動きをすることが分かっています。

「ストレスは万病のもと」と言われていることを納得させるものです。


カラオケで熱唱する時には知らず知らずのうちに口周りもしっかりと動かすようになります。
そうすると唾液の量も増えます。

ホルモン量の低下や唾液量の増加は副交感神経が優位になった時に起こることです。
そのためカラオケをすることはストレスの解消につながっていると言えます。

カラオケで消費されるカロリーはどのくらい!?

最近のカラオケでは1曲歌うごとに消費カロリーが表示されるようになりました。
カラオケメーカーによると平均で1曲あたり10kcal程度消費できるとしています。

また曲の長さや踊りながら歌うなどで消費カロリーに差が出てきます。

先述したようにカラオケで歌うということはストレス発散の効果があります。
そして例えば楽しく踊りながら熱唱するとさらにカロリー消費の効果も得られます。

ダイエットをしていると様々な誘惑などでストレスが溜まりがちになります。
そうした時にカラオケを楽しむことでストレス発散とカロリー消費ができたらダイエットも楽しめそうですし、気軽に取り組めそうですよね。

まとめ

カラオケで消費カロリーを多くするためには「できるだけ声を出す時間を長くする」「お腹に力を込めて歌う」「大きな声で歌う」ということがポイントになってきます。
また踊れる曲であれば踊りながら歌うのもおすすめです。

恥ずかしがっていたらストレス解消にもなりません。
そして消費するカロリーも少なくなります。

カラオケに行ったら全力で歌ってみましょう。
きっと嫌なことも忘れて気分が晴れ晴れするかもしれません。


2016年12月4日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop