冬の火災の原因。電気ストーブやカセットコンロの取扱いに注意しましょう。
この時期火災が増加します。
特に多い原因としてストーブやコンロの火の不始末が挙げられています。
またタバコの火の不始末も上位に挙げられます。
中でもストーブが原因の火災では、電気ストーブでの火災が7割を占めているそうです。

寝具や衣類に近過ぎて発火してしまうということが多いそうです。
洗濯物を乾かすために置いている家庭もあるでしょう。
しかし火災のリスクになりますので、安全に使えるようにしていきましょう。

火災の原因であるストーブやカセットコンロ

冬の火災の原因。電気ストーブやカセットコンロの取扱いに注意しましょう。 この時期は寒さや空気の乾燥も相まって火災が多くなります。
特に火災の原因として多いのがストーブやコンロによるものです。

ストーブによる火災のうち、約7割が電気ストーブです。
電気ストーブは石油を使わず、電気だけで使えるため、安心して使っている家庭も多いでしょう。
しかし衣類や洗濯物などの近くに電気ストーブがあると過熱してしまい、火災を起こしてしまうのです。

またコンロによる火災は、衣類に火がついてしまうことから起こります。
また近くにあった燃えやすいものに引火することもあります。
この時期鍋物で使うカセットコンロでの火災も増加してきており、注意が必要です。

火災を予防するには

火災が起こってしまうと、その家庭での被害も大きいですが周辺の家にも甚大な被害を与えてしまうため、絶対に起こさないようにしなければなりません。

まず電気ストーブを含むストーブ全般では、燃えやすいものを近くに置かないようにしましょう。
洗濯物を乾かすためにストーブの上に洗濯物を干している家庭もありますが、とても危険です。

石油を使うストーブの場合は給油口をしっかりと締める、石油以外のものを入れないなどを気を付けていきます。
またコンロの場合でも燃えやすいものを近づけないということが大切です。

特に高齢者の場合には衣類に引火していても気付くのが遅れてしまうことがあります。
カセットコンロでも同様でボンベをしっかりと取り付け、漏れがないか確認してから使用しましょう。

まとめ

火災は命の危険もありますので絶対に起こさないようにする意識が必要です。
子供がいる家庭や高齢者だけの家庭では特に注意してください。

また家族で火災について話し合うことも火災予防に効果的です。
ストーブは使用しない時はコードを外しておく、カセットコンロもボンベを外しておくなど日々の意識で火災予防につながります。

ぜひ家族全体で火災予防に対する意識を高めていくようにしてくださいね。


2018年1月25日 17:00


  • 入居までの流れ

    入居祝い金

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    介護施設ぽーたるの知恵袋

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop