片足立ちはダイエットにも!高齢者には大きな意味を持つ片足立ち!
片足立ちダイエットにも効果があるということをご存知でしたか?
厚生労働省が発表した片足立ちの世代別基準値は20代:70秒、30代:55秒、40代:40秒、50代:30秒、60代:20秒、70代:10秒となっています。

片足立ちができる時間が短くなるにつれて足の筋力が低下していると言え、歩くことが困難になるとされています。
いつまでも自分の足で歩けるように今からダイエットもかねて足を鍛えていきませんか?

片足立ちはダイエット効果がある!?

片足立ちはダイエットにも!高齢者には大きな意味を持つ片足立ち!についてのイラスト 片足立ちをするだけでダイエット効果があると注目されています。

片足立ちを1分間するとそれだけで50分間ウォーキングしたのと同じだけの効果が得られるそうです。
片足立ちを1分間ならすぐにできそうですよね。

やり方はとても簡単です。
立った状態で左右どちらかの足を床から5~10㎝持ち上げます。
そのまま呼吸を止めずに1分間キープしましょう。1分間経過したら反対の足で片足立ちをしましょう。

これを1日朝昼晩に1クールずつ行います。

片足立ちの効果は両足で立つよりも負荷がかかります。
そのため筋力を向上させる効果があります。

もし片足立ちでふらつくようであればテーブルなどにつかまりながら行いましょう。

高齢者にもメリットが!

片足立ちはダイエット効果があると説明しましたが、高齢者にとってもメリットがある運動になります。
また他の運動と比較した場合、身体にそれほど負担がかからずに行えるため高齢者にとっても取り入れやすい運動とも言えます。

足に負担をかけることで筋力を向上させることができます。
また骨粗鬆症の予防にもなるとされています。

そしてバランスを必要とする片足立ちを繰り返すことによりバランス能力を鍛えることもできます。
バランスの乱れは転倒のリスクにつながるため、片足立ちをすることで転倒のリスクを低下させることにもつながります。

また高齢者の場合、片足立ちができないとラクナ梗塞と呼ばれる小さな脳梗塞を起こしているリスクが高いという研究結果もあります。

また認知症のリスクも高いとされており、高齢者にとって片足立ちができるかどうかは脳の変化の指標となります。

まとめ

高齢者が片足立ちをする場合、必ず何かにつかまりながら行うようにしてください。
もしバランスを崩してしまい、転倒するという事故を起こしてしまうと骨折をするなどで大変な思いをすることになります。

また骨折は寝たきりの原因ともなるものです。
注意して行うようにしましょう。

ダイエットにも足の筋力の向上にもつながる片足立ち。
やり方も簡単でいつでもできますのでぜひ今日から実践してみませんか?


2017年2月15日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop