家庭内事故の原因を防止しよう!高齢者には常に「寝たきり」の可能性が!
高齢になると住み慣れた家でも身体機能の低下が原因で転倒や転落など家庭内事故で怪我をしやすくなります。

高齢者は怪我をしてしまうとそれが原因で寝たきりになることもあります。
高齢者の家庭内事故を防止することがとても重要です。

家庭内事故の原因

家庭内事故の原因を防止しよう!高齢者には常に「寝たきり」の可能性が!についてのイラスト 高齢者の家庭内事故の確率は77.1%と他の場所に比べてとても高くなっています。
これは身体機能の低下により階段や廊下でつまづく、浴室で滑って転倒する、カーペットや座布団・コードなどに足をとられて転倒、就寝中にトイレに行くために立ち上がって転倒するなどが原因で家庭内事故が起きています。

若い人には打撲程度の怪我でも、高齢者は骨が弱くなっているので骨折で入院することもあります。
そして入院すると生活環境の変化や、治療により体を動かすことができなくなるので、認知症になって寝たきりになるケースが考えられるのです。

家庭内事故を防ぐために高齢者の身体機能チェック

高齢者の方で下記のような症状が当てはまる方は身体機能が低下してきている証拠です。

・テーブルに手をついたり、テーブルを押して立ち上がるようになった
・室内を歩くときに階段や壁、物につかまっている
・布団を敷いたままにしている
・買い物が面倒になっている
・買ったものを床に置いたままにしている
・腰を曲げて歩くようになった
・立って着替えができなくなった


家庭内事故の発生確率が高くなっているので原因を考え、事故防止するようにしましょう。

家庭内事故の防止方法

高齢者は何気ない段差や、物で転倒してしまいます。
家庭内事故を防止するためには転倒する原因を考え対策をする必要があるといえるでしょう。
そこで家庭内事故の防止方法をご紹介したいと思います。

・玄関に椅子又は手すりを用意し、靴を座って履けるようにしたり、段差をなくす
・玄関、キッチン、特に浴室のマットに滑り止めをつける
・家の中の段差をなくす工夫をする
・階段、廊下、玄関には明るい照明をつけ足元を見やすくする
・リビングのカーペットに滑り止めをつける
・整理整頓し、床に置いた物でつまづいて転倒することを防ぐ
・階段に滑り止めをつけるなどし、段差を分かりやすくする

高齢者が安心して生活できることが重要

いつまでも住み慣れた家で楽しく過ごせるよう高齢者には怪我の原因をなくし生活環境の整備をすることがとても重要になっています。

少しの怪我で寝たきりになってしまう可能性があるので家庭内事故を防止するようにしましょう。


2016年11月4日 12:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop