健康寿命を縮める原因ってなに?根本的な原因を排除して、健康寿命を伸ばそう!
健康寿命縮める原因には何があるのでしょうか?
健康寿命の定義は「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」とされています。

そのため健康寿命と平均寿命の差は健康でない期間を示しています。
要するに病気などにより要介護状態になってしまったことを意味します。

この健康寿命を縮める原因として挙げられているのは高血圧や喫煙、糖尿病、肥満、食生活の乱れです。

健康寿命を縮めてしまう原因とは?

健康寿命を縮める原因ってなに?根本的な原因を排除して、健康寿命を伸ばそう!についてのイラスト 健康寿命と平均寿命の差が大きくなればなるほど、健康でない期間が長くなってしまいます。

そのため健康寿命はできるだけ伸ばすように意識していかなければなりません。

この健康寿命を縮めてしまう原因として挙げられているのは、高血圧や喫煙、糖尿病、肥満、食生活の乱れです。

これらの原因は生活習慣病のリスクにもなるものばかりです。
そして脳卒中を起こすリスクも高めてしまうものになります。

脳卒中を起こしてしまうと命の危険もありますが、麻痺などの後遺症により要介護状態になることが予想されます。
そのため健康寿命が縮まってしまうことになるのです。

また喫煙は慢性閉塞性肺疾患のリスクになります。
この慢性閉塞性肺疾患に罹患している場合、肺炎になった時に重症化しやすいと言われています。

健康寿命を延ばすにはどうする?

健康寿命が短ければ、長生きしても楽しいと感じないかもしれません。

元気に人生を楽しみながら長生きをするためには健康寿命を縮めてしまう原因を排除しながら生活をすることが求められます。

健康寿命を縮める原因には喫煙や糖尿病、食生活の乱れがありました。
また高血圧や肥満も挙げられています。

食生活を整えることで糖尿病や高血圧、肥満を予防することができます。
また禁煙をすることで健康的な身体を造ることができます。


また運動することも大切です。
適度な運動は健康な身体を造ることの他に、筋力や体力をつけ、病気になりにくい体にしてくれます。

筋力が低下していると歩行などにも影響があり、転倒や骨折などで要介護状態になってしまうリスクが高くなります。

まとめ

健康だから病院に行っていないと話す方もいられますが、定期的に健康診断などの検査を受けることをお勧めします。

知らない間に高血圧や糖尿病になってしまっていることもあるからです。

また喫煙をしているまたはしていた高齢者の場合、肺炎球菌ワクチンの接種をするようにしましょう。
65歳以上の高齢者であれば5歳刻みで接種することができます。

接種費用の減免もあり、肺炎を予防する・肺炎にかかっても重症化しにくい肺炎球菌ワクチンの接種をしましょう。


2017年9月6日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop