健康寿命ランキング!ワースト1は、なんと沖縄県
健康寿命ランキングでワースト1位になったのが沖縄県でした。
健康寿命とは日常生活を介護など必要としない状態で過ごすことができる年数を指しています。

沖縄県と言うと長寿のイメージがありますが、健康寿命になるとワースト1位になるのは驚きです。
なぜこのような結果が出てしまったのでしょうか。

そこには介護予防の取り組みが不十分であることが背景にあることが分かりました。

健康寿命ランキングワースト1位は沖縄県

健康寿命ランキング!ワースト1は、なんと沖縄県についてのイラスト 健康寿命という言葉を聞いたことがありますか?

平均寿命は人生の寿命を迎えるまでの長さを指しますが、健康寿命では介護などを必要とせずに健康的に日常生活を送ることができる年数を指しています。

沖縄県と言えば女性が長寿で有名です。
しかし健康寿命になるとワースト1位になってしまいます。

健康寿命が低い理由にはいくつか挙げられますが、中でも孤立している高齢者が多いという理由が最も多く挙げられています

沖縄県全体でも高齢化率が20%であり、那覇市では急速に65歳以上の単身高齢者が増えてきているとされています。

そうしたことももしかしたら健康寿命を低下させている背景の一つなのかもしれません。

どうして沖縄県で健康寿命が低下しているのか

沖縄県に住んでいる人たちはきれいな海も近くいつでも泳げたり観光したりできそうなのですが、実は観光客とは違い、強い日差しを避けるように生活をしています。

そのため移動には車を使うことが多く、レジャーをする率も全国でワースト1位なのです。

身体を動かす機会が少なくなり、下肢筋力や体力が低下してしまいます。
そうすると介護を必要とする状態になってしまいます。

もともと沖縄県ではこの運動量の不足に対して危惧しており、65歳以上の高齢者を対象とした介護予防教室を行っています。

しかし参加者がなかなか集まらないのが現状で、介護予防ができていないのも健康寿命の低下につながっているのかもしれません。

まとめ

健康寿命がワースト1位の沖縄県ですが、小さい子供の頃から健康寿命を長くするような生活習慣への取り組みを行っているそうです。

沖縄県は独特の食文化がありますが、実際は塩分を控えめにした食事など健康に良い食生活を行っているとのこと。

この昔ながらの食生活を子供の世代からもう一度見直し、その親の世代さらにはその上の世代にも沖縄県のよりよい食生活を取り入れることができれば沖縄県の健康寿命もワースト1位から脱却できるかもしれません。


2016年7月13日 9:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop