短時間でも健康に効果のある運動方法がある?!
健康を維持するには運動が不可欠、と言われますがなかなか継続的に運動をすることは難しいですよね。
また生活習慣病や認知症の予防にも運動はとても大切なことになります。

健康を維持するための運動は散歩や庭仕事などの日常生活の中でできるような簡単な方法で効果があるとされています。
ぜひ今の日常生活の中に取り入れて健康な身体を作りましょう。

運動を継続してできないのが悩み

短時間でも健康に効果のある運動方法がある?!についてのイラスト 現在、生活の中で、 運動習慣がある人は約2~3割と言われています。

その中で男性の方が運動習慣を持っている割合が多くなっていますが、それでもまだまだ少ないですよね。

「痩せよう」と思って運動を初めても痩せる意志が弱い程運動は長続きしません。
またスポーツジムなどに通い出しても「仕事が忙しい」などの理由で諦めてしまう人も多いのではないでしょうか。

もし運動が長続きしないと悩んでいるのなら家でできるような簡単なものから始めませんか?

もし家で運動をする習慣が身に付けば「もっと頑張る!」というやる気につながるかもしれません。

短い時間の運動でも効果がある

健康を維持するための運動は長い時間やらないと意味がないというわけではないようです。

実は短い時間でも効果があるということが分かっています。
効果があった短い時間とは2分でした。
2分運動するというのは意外と負担がないように感じませんか?

また2分意識して運動をするよりも家の仕事や仕事の時に身体を動かすようにすると「運動をしなかった」という罪悪感を持たなくても良いかもしれません。

例えば床掃除をする時にいつもより念入りに範囲を広げて行う、エレベーターを使わずに階段で移動する、トイレに行く時に早足で歩くなどいろいろなことができるのでは。

日常生活の中で今よりも少し身体を動かすことで効果のある運動になるのならいいことですよね。

まとめ

上記で紹介した簡単な運動ですが、今日からでも始められそうなものばかりです。

また歩くときにいつもより早足で歩く、掃除をする時に身体を大きく動かずなども簡単に取り入れられると同時に効果のある運動になります。

そして何よりもジムに通うなどの負担がないこと、日常生活の中で何気なくできることでも効果があるということは運動習慣がなかなか身に付かなくて悩んでいた人にも朗報です。

これらのような簡単にできるもので健康が維持できるのであればやってみてみようと思いませんか?

ぜひ、今日から日常生活の中で身体を動かす意識をして、面倒がなく身体を動かす習慣を身に付けていきましょう。


2016年6月21日 12:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop