心の悩み打ち明けて 「まちの保健室」オープン
心のケア方法としてカウンセリングがあります。
精神科など医療でも使われている手法でもあります。

日々の生活の中で悩んでいることが他の人に出せたら楽になるのにって思うことがありませんか?
このカウンセリングではカウンセラーと会話をすることで本人の気持ちを表出させ、本人の回復につなげることを目的にしています。

カウンセリングとは

心の悩み打ち明けて 「まちの保健室」オープンについてのイラスト カウンセリングとは主に心理カウンセラーが行っているものです。心理カウンセラーとの会話を通して自分の気持ちと向き合い自己を見つめ直す、自分の問題を整理し直して解決するなどの効果があります。

精神科の治療でもうつ病などの病気の方に対して医師が必要と判断した時、行っている場合もあります。

また心理カウンセラーが基本的には話を聞くことに徹してくれているため、話をする側も悩みを出しやすい雰囲気になるのもカウンセリングの効果に繋がります。

軽度のうつ病やストレスを感じている人にとって、睡眠薬などの薬と併用してこのカウンセリングを行うことでその問題を解決することができるのです。

なぜ話すとストレスが発散されるのか

カウンセリングを行う際、心理カウンセラーは相手のことを理解しようとして話をよく聞きます。

そうすることで「自分の話をよく聞いてもらっている」という気持ちから、信頼関係が生まれます。
話を聞いてもらったということからすっきりとした気分を感じます。
ここでストレスが少し発散されると考えられます。

また話をしていく中で自分の悩みを整理し直して見つめ直すことができます。
さらに心理カウンセラーより悩みの解決に向けてのアドバイスをしていきます。

この流れの中、自分自身で悩みを振り返り解決していこうとする気持ちに繋がっていきます。

まとめ

現代社会は忙しく働く人や家庭のことなど様々な場面でストレスを感じ、悩むことが多くあります。

しかしそのストレスや悩みを吐き出すことができる場はあまり多くなく、うつ病になど患うケースが多くなっています。 そのことを受け、企業でもメンタルヘルスマネジメントにも力を入れているところが増えてきました。

他にも市民団体がカウンセリングを行っているところがあります。
悩み過ぎて自分を苦しめてしまうよりも誰かに話を聞いてもらえれば少し気持ちは楽になります。
皆さんもそういう経験をしたことがありませんか?

気軽に悩みを打ち明けることができる場がもっと増えて欲しいと感じました。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop