コミュニケーション能力は子供の頃の過ごし方が影響する?
コミュニケーション力には子供の頃の過ごし方が影響しているそうです。
コミュニケーション力と言っても幅広い範囲になりますが、人との関わり方、他者の意見の吸収などがあります。
子供の頃に人や地域との関係性が多かった場合、人との関わり方に関するコミュニケーション力が高くなります。

一方で経験が少ない場合にはコミュニケーション力は高くなりません。
また人の意見を吸収できない場合には人との関わりも難しくなるとされています。

人との関わりを高めるには

コミュニケーション能力は子供の頃の過ごし方が影響する? コミュニケーション力の中に人との関わりがあります。
このことに関する研究が行われています。

子供時代に人や地域に関する経験を豊富にしていると、成長してからのコミュニケーション力が高いことが分かります。
実際に調査対象者からはこうした経験を豊富にしていた場合、人と関わることに対して自信がある、得意であると答えています。
逆に人や地域に関する経験が少ない(していない)場合にはコミュニケーション力に不安がある、苦手意識を持っているという結果になっています。

また人とのコミュニケーションについては他者の意見を吸収する力も関係しています。
他者の意見を聞くことは自分自身の思考を広げることになります。
合わせて他者の意見を聞くことができない場合には他者との関係性を悪くしてしまうことにもなりますので必要なことと言えます。

コミュニケーション力を高めるには

人や地域に関する経験とは具体的に何を示しているのか気になりますよね。
人と地域に関する経験については地域行事に参加するというのが一番分かりやすいのではないかと思います。

例えば地域のお祭りでは地域住民と子供たち、その親が協力して盛り上げていきますよね。
そうした経験では他者との関わりを学ぶ絶好の機会になります。
普段親や祖父母などの身近な大人との関わりはあっても、地域住民との関わりは多くありません。
こうした関わりを通して精神的に成長する機会を持つことができます。ぜひ地域の行事に参加するようにしてみましょう。

まとめ

子供の頃、高齢者との関わりがあると成長してからも高齢者に対する考え方がどちらかというと肯定的なものになるような気がします。
やはり子供の頃の経験は大人になってからも影響をしてくるということを実感している方も少なくありませんよね。
ぜひお子様がいらっしゃる方は地域行事に参加するなどして様々な人との交流を図るようにしていきましょう。


2018年1月15日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop