混合介護の意味とは?実は介護業界を活性化させるかも?
混合介護という言葉が注目されています。
この混合介護は介護保険の対象となる介護サービス介護保険対象外のサービスを合わせて提供することを意味しています。

現行の介護保険制度でも混合介護が禁止されているわけではないのですが、明確に分けるようにと厚生労働省が見解を出しています。

混合介護を行うことで介護報酬以外にも収益を出すことができ、介護職員の処遇改善にもなるのではとされています。

混合介護とはどのようなことなのか

混合介護の意味とは?実は介護業界を活性化させるかも?についてのイラスト 混合介護とはどのようなことなのでしょうか。

この混合介護は介護保険の対象となるサービスと介護保険外のサービスを組み合わせて提供することを指しています。

原則1割負担の介護保険サービスと全額自己負担となる介護保険外サービスを行うことで今までは提供できなかったことも同時に提供できるため、要介護者にとっても介護者にとってもメリットが多いものとなるとされています。

そして介護事業所にとっても介護保険外のサービスを打ち出すことでその分の収益を出すことが可能になります。
要介護者はもちろん介護者などのニーズにより合わせたサービスを提供することが可能になります。

そして働く介護職員の処遇改善にもつなげていくことも可能になるとされています。

混合介護が介護業界を発展させるかも

混合介護は既存の介護業界を発展させるとされています。

例えば要介護者が訪問介護での調理援助を受けているとします。
この訪問介護では要介護者の食事の用意はできますが、他の家族の分を用意することはできません。

しかし混合介護で家族分の食事を準備するサービスを利用することで同時に要介護者の分も介護者の分も準備してもらうことが可能になります。

例えば老々介護の家庭では食事の準備も難しい状態になりがちですが、介護保険外のサービスと組み合わせることで要介護者とその介護者の食事が用意され、食事に関する不安を減らすことが可能になります。

食事以外にも他の介護保険ではできなかったサービスを提供することができるようになるため介護業界においてもサービスの幅が広がり、発展していくと考えられます。

まとめ

混合介護という考え方は、引き上げが難しい介護報酬の補完にもなるかもしれません。

介護報酬が引き上げられずに介護職員の処遇改善が難しい状態であり、介護職の慢性的な人材不足を引き起こしています。

介護事業所がニーズに合わせた介護保険外サービスを打ち出し、要介護者もその介護者も安心して暮らしていくことができるようになるのではないでしょうか。

また介護サービス提供事業所に関しても収益を上げ、介護職員に対する処遇改善が行えると介護業界が今よりももっと成長していくことが期待できるでしょう。


2016年10月25日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop