高齢者の孤食は栄養バランスが崩れる原因に…
孤食高齢者は栄養バランスが崩れる原因となるとされています。

一人暮らしの高齢者は食事に気を使わずにスーパーで購入した総菜などを食べることが多くなりがちです。

また1人だからといってバランスの良い食事を意識しないのも偏った食事になる原因になります。

孤食の高齢者

高齢者の孤食は栄養バランスが崩れる原因に…についてのイラスト 【1人で食事をすること】を孤食としています。

会話をしながら家族で楽しみながら食事をするのではなく1人で食事をするため孤独を感じやすくなります。

また1人しか食べないから料理をするのが面倒だと感じ、購入した総菜などの簡単なものやご飯とおかずが1品だけなどで済ませがちです。

また柔らかいものを好む高齢者は、うどんなど歯ごたえのない簡単な食事で済ませてしまうことも多くなり、タンパク質などの栄養素が不足してしまいます。

そうすると栄養バランスが崩れてしまい、低栄養などが起こってしまい健康を害してしまうことになります。

タンパク質は身体の筋肉を維持するために必要な栄養素です。
不足してしまうと筋肉の維持ができなくなってしまう恐れがあります。

調理方法などを工夫して栄養バランスの良い食事を

なかなか野菜を使った料理をするのが面倒と思っている高齢者は多いのでは。

そう思っている、1人だから料理をするのが面倒という高齢者に対してお勧めする調理が電子レンジを使ったものです。

青菜のおひたしにしてもお湯を沸かす手間が不要で、洗った青菜をラップで包み加熱し、切るだけです。切ってから加熱するのもおすすめです。

また惣菜が多くなりがちな場合には買ってきた惣菜にひと手間加えてみましょう。
市販のポテトサラダであればその中にきゅうりやたまねぎなどの野菜を加えればバランスの良いサラダになります。

最近ではポリ袋を使用した調理方法も高齢者が簡単にできるとおすすめされています。
例えばポリ袋に切ったかぼちゃと調味料を入れ、口を縛り沸騰したお湯で加熱するとかぼちゃの煮物が完成します。

鍋を洗う手間もなく簡単に調理ができる電子レンジやポリ袋を使用した調理方法を活用してみて下さい。

まとめ

高齢化社会が進み、一人暮らしの高齢者がますます増加すると考えられます。

中には栄養バランスの乱れた食事をすることで体調を崩してしまう高齢者もいるでしょう。

そうしたことを防ぐために高齢者向けの料理教室を開催し、先述した電子レンジやポリ袋を利用した調理方法を教えることもいいのではないでしょうか。

この調理法は一人暮らしでなくても役立つものです。

一度、試してみてはいかがでしょうか。


2016年10月9日 19:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop