骨盤底筋が衰えると女性には様々なリスクが!?効果的な鍛え方とは?
女性にとって骨盤底筋はとても大切なものです。
効果的な鍛え方を知り、加齢とともに衰えていく骨盤底筋を鍛えていくことが大切になります。

骨盤底筋が衰えてしまうと、子宮を支えることができなくなり、子宮が外に出てしまう子宮脱の原因となります。
また出産後は骨盤底筋が衰えてしまい、尿失禁の原因ともなってしまうのです。

こうした症状を防ぐためにもぜひ骨盤底筋を鍛えて、いつまでも元気な骨盤底筋にしていきましょう。

骨盤底筋とは

骨盤底筋が衰えると女性には様々なリスクが!?効果的な鍛え方とは?についてのイラスト 骨盤底筋とは恥骨・尾骨・坐骨にかけてある筋肉であり、子宮や膀胱などの内臓を支える役割をしているところです。

女性の場合、出産や加齢に伴いこの骨盤底筋が衰えてしまい、様々な症状を生じさせてしまいます。

例えば出産後にお腹に力がかかると尿漏れを起こしてしまうようになったという悩みを持つ女性の場合、骨盤底筋が緩んでいることが原因になります。

骨盤底筋は尿道口や肛門を締め付ける役割をしていますので緩んでしまうと失禁の原因となってしまうのです。

他にも子宮を支えられずに飛び出してしまう子宮脱など命には関わらないのですが不快な症状を生じるリスクが高まってしまいます。

骨盤底筋を鍛えましょう!

骨盤底筋を鍛得るにはどうしたらいいのでしょうか。
ここでは簡単にできる骨盤底筋を鍛える方法をまとめてみます。

まずはケーゲル体操です。
骨盤底筋を鍛える方法の中でも最もメジャーなものになります。


この体操をする場合には骨盤底筋を意識することが大切です。

体操の方法はまず仰向けで横になり、足を肩幅に開いて膝を曲げた姿勢になります。
そして身体全体の力を抜き、肛門と膣を締めます。

その際は息を吸いながら頭側へ引き上げるように意識して締めるようにしましょう。
締めた状態で5秒かけて息を吐きだし、リラックスするという動作を5回繰り返します。

同じ動作を姿勢を変えて四つん這いでするのも効果的があります。
また分かりやすく骨盤底筋を鍛えるためのグッズも販売されていますので取り入れてみてもいいかもしれませんね。

まとめ

骨盤底筋を鍛えると尿失禁などの症状がなくなるだけではなく、ウエストが細くなると言われています。
また姿勢が良くなる、便通が良くなるなどの効果もあるようです。

女性にとって骨盤底筋を鍛えることが大切だということがお分かりいただけたでしょうか。

女性と同様に男性でも骨盤底筋を鍛えることは大切ですので、ぜひ男女関係なく骨盤底筋を鍛えるトレーニングをしてみましょう。


2017年4月16日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop