降圧剤は副作用も多い!高血圧で降圧剤をやめるまで。
高血圧のために降圧剤を内服している人で副作用が気になった方、いらっしゃいませんか?

高血圧の治療ではよく降圧剤が処方され、内服すると血圧が正常値になるということは多くの人が理解しています。

しかし降圧剤を内服せずに高血圧を改善するという治療も併用していくことが高血圧の治療の原則になっています。

ここでは高血圧の治療や降圧剤の副作用についてまとめていきます。

降圧剤の副作用は?

降圧剤は副作用も多い!高血圧で降圧剤をやめるまで。についてのイラスト 高血圧を診断されると降圧剤が処方されます。
降圧剤はその名称の通り、血圧を下げる作用を持っています。

また降圧剤には様々な種類があり、その人に適したものを医師が処方しています。

降圧剤の作用には血管を広げて血流を増やし血圧を下げるもの、血圧をあげる物質を作らないようにするもの、尿を多くし血管内の水分を少なくし血圧を下げるものなどがあります。

この中から高血圧の患者さんが何を必要としているのかを検査などをして見極めて処方されます。

しかしこれらの作用が何らかの理由で強く出てしまったら副作用が出ます。

降圧剤の副作用として挙げられるのは、血圧が下がり過ぎてしまう、めまいがする、むくみが出るなどです。

また降圧剤により腎臓の機能を低下させてしまうという副作用も報告されています。

高血圧の治療のベースは食事療法や運動をすること

高血圧と診断されても軽症である場合やどうしても降圧剤を内服しなければならないケース以外の治療では食事療法や運動をして血圧をコントロールしていくことになります。

食事療法は塩分を控えめにする、カロリーを控えめにするということを意識していきます。
また高血圧は肥満も大きく関係しているため、肥満を改善させるためにも食事に気を付ける、運動をするということが必要になるのです。


そして飲酒や喫煙も高血圧のリスクになります。

以前から行われている研究で飲酒や喫煙が高血圧を悪化させるということも分かっています。
そのため飲酒を控えめにする、禁煙するということが高血圧の改善に必要になってくるのです。

ストレスが多い場合も高血圧のリスクになりますので適度にストレス解消をすることも大切です。

まとめ

降圧剤にも副作用があるということが分かりましたか?

しかし過度に心配することはなく、医師の指示通りに内服する、定期的に受診をして医師の診察を受けるということを意識していれば副作用を起こすリスクは低くなります。

また高血圧は生活習慣病の1つです。
高血圧を予防するためにも高血圧を改善するためにも食事に気を付ける、運動をするなどの生活習慣の見直しを図っていきましょう。


2016年12月10日 19:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop