高額療養費制度をうまく活用しよう!申請の方法についても解説!
入院や手術をした場合、医療費が高額になります。
そうした時に申請するのが高額療養費制度になります。

高額療養費制度は医療費の窓口負担分の上限を収入に応じて決め、その限度額以上かかった医療費については払い戻しになる制度です。

予定している入院や手術の場合には事前に申請し限度額証明をもらっておく、急な入院などの時にはいったん支払ってから申請するという二通りになります。

高額療養費制度とは

高額療養費制度をうまく活用しよう!申請の方法についても解説!についてのイラスト 手術をすることになった、入院することになったという時に心配になるのは医療費のことではないでしょうか。
特に心臓などの手術を受けた場合には医療費が高額になり、総額で400万円程度かかる時もあるようです。

このような大きな医療費がかかる場合、なかなか一歩が踏み出せない場合があるかもしれません。
ましてや、上記のような400万円というのはとても大きな金額ですよね。

しかしこのような高額の医療費がかかった場合に高額療養費制度を利用すると自己負担額は少なくなります。
収入に応じた限度額が設定されていますので、収入が多い方は限度額も高くはなりますが、一般的な所得の約370万円から約770万円の年収の場合、支払額は117430円となり、随分金額を下げることができるのです。

そして世帯ごとに合算できるのも高額療養費制度の特徴です。
加入している健康保険が同じであれば住所が異なる家族でも合算が可能になります。

しかし共働きの夫婦のように加入している健康保険が異なる場合には合算ができません。

高額療養費制度の申請は

高額な医療費がかかると事前に分かっている場合には申請も事前に行っておきましょう。

加入する健康保険組合に限度額適用証を発行してもらいます。
その限度額適応証を医療機関の窓口に提出しておくことで退院時の自己負担分を高額療養費制度での限度額の支払いになります。

また急な入院や手術の場合には加入している健康保険組合に高額療養費の申請書を提出します。
申請の際には必ず領収書などの支払ったことが分かるものが必要になりますので紛失しないように保管しておきましょう。


また支給期限に関しては診療を受けた月の翌月初日から2年になっています。

期間を過ぎてしまうと申請できないため、忘れずに申請をしましょう。

まとめ

高額な医療費がかかるということを考えると、様々な不安が出てきますよね。
しかし民間の生命保険もありますが、公的にもしっかりと保障される制度があります。

交通事故や急な病気で手術をする、入院をするということもあるでしょう。

その時にこの高額療養費制度を思い出し、忘れずに申請をするようにしましょう。


2016年11月15日 15:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop