高血圧はさまざまな疾患の原因に…加齢によって発症率も上昇!
加齢原因で起こることもある高血圧
高血圧は生活習慣病のうちの1つでもあり、脳梗塞、心臓病を引き起こす原因にもなる病気です。

高血圧の基準は最高血圧と呼ばれる収縮期血圧が140mmHg以上、最低血圧の拡張期血圧が90mmHg以上のことです。

様々な病気を引き起こす高血圧

高血圧はさまざまな疾患の原因に…加齢によって発症率も上昇!についてのイラスト 高血圧とは収縮期血圧が140mmHg以上または拡張期血圧が90mmHg以上になっている状態を指します。

高血圧に関しては2008年に25歳以上で診断される人が世界で10億人に達したとの報告もあり、身近な問題でもあります。

また高血圧は様々な病気を引き起こします。

その中でも動脈硬化は血液中に血栓ができやすくなってしまいます。

できてしまった血栓により詰まってしまった血管により脳梗塞や心筋梗塞となってしまいます。

また腎臓や目の血管も高血圧の影響を受けやすいと言われています。

それらから高血圧は全身に影響を与えてしまう病気であると言えます。

なぜ血圧が高くなってしまうのか

高血圧が起こる一因には動脈硬化が挙げられています。

固くなってしまった血管は弾力性が失われてしまい、全身に血液を運ぶ際にも圧力が必要になります。

そのため血圧が高くなるとされています。

血圧が高いということは知らず知らずのうちに全身の血管に負担をかけていることになります。

負担がかかっている血管の壁は徐々に厚くなっていき、弾力性を失ってしまいます。

そうすると血液の流れが悪くなってしまう動脈硬化となってしまいます。

高血圧の予防には

高血圧は生活習慣病の1つです。

そのため生活習慣を見直し、正しい生活を送ることが基本になります。
食事や肥満体型、喫煙は高血圧のリスクを高める原因になります。

食事に関しては塩分やカロリーを摂り過ぎないことがポイントになります。

塩分は1日6~7g程度が推奨されています。

慣れるまではかなりの薄味に感じるレベルですが、酢や香辛料などを使用して味にアクセントをつけることで意外と気にならなくなるとのこと。

また肥満体型も高血圧の危険があります。
適度な運動を行い、体重を落とすようにしましょう。

肥満体型は高血圧の他、糖尿病のリスクも高い状態です。

そして喫煙です。
禁煙するようにしましょう。

喫煙は交感神経を刺激するため一時的に血圧を上げる作用があります。

そのため継続した喫煙は高血圧の状態が続いてしまいます。

まとめ

高血圧は早期発見して治療を行うことでコントロールできる病気です。

降圧剤の内服などの薬物治療の他食事療法や運動療法も併用していきますが自分自身の意識がとても大切になる病気です。

定期的に血圧を測定することが早期発見の1つになります。

「自分は高血圧に関係ない」と思わずに意識していきましょう。  


2016年9月19日 9:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop