更年期障害の症状を知っておく!女性は40代から知識を!
更年期障害症状は40代から50代の女性に多く出てきます。
更年期障害は加齢や閉経によるホルモンバランスの乱れから生じます。

さらに育児の悩みや配偶者との関係、他家族との関係の悩みも加わり、更年期障害の症状を悪化させてしまうのです。
もし生理不順などに加え、「最近イライラする」「体調が優れない」などの体調変化があるようなら更年期障害を考え食事などを意識していきましょう。

更年期障害とは何か

更年期障害の症状を知っておく!女性は40代から知識を!についてのイラスト 40代から50代の女性を悩ませる更年期障害。これは閉経前後に卵巣の働きが低下することで起こるものです。
卵巣の働きが低下することでエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌が低下します。そのためのぼせやほてり、頭痛、めまいや肩こり、イライラ、冷えなどが生じます。

女性ホルモンの分泌低下からホルモンバランスが乱れるため自律神経の乱れを生じさせます。
そのため上記のような症状が出てきてしまうのです。症状の重さは人それぞれであり、症状がひどく動けなくなる人もいれば症状を感じずに過ごす人もいるとされています。

また無理なダイエットなどをきっかけに若いうちから更年期障害を発症してしまう人も報告されています。
ダイエットにより栄養素が偏ることや不規則な生活を送ることで卵巣機能を低下させてしまうことになります。そして更年期障害が起こってしまうのです。

更年期障害の症状を緩和させる栄養素とは

更年期障害の症状を緩和させる栄養素として挙げられるものは大豆イソフラボン、カルシウムとビタミンD、コレステロールや脂質になります。

大豆製品に含まれている大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに構成が似ていると言われており、更年期障害の症状を緩和してくれるとされています。
名称の通り、大豆そのものや豆腐や納豆などの大豆製品に多く含まれています。

カルシウムとビタミンDは女性ホルモンが低下すると起こる骨粗鬆症の予防につながります。
カルシウム単体では骨を強くすることが難しく、ビタミンDを一緒に摂ることでカルシウムの吸収を良くすると言われています。

コレステロールや脂質は女性ホルモンの低下により血液中に過剰になってしまうとされています。
コレステロールや中性脂肪は血液をドロドロにしてしまうため、動脈硬化や血栓を作りやすくします。これらが長く続くと脳梗塞や心筋梗塞のような重大な病気を引きここしますので注意をしましょう。

まとめ

更年期障害は自律神経の乱れにもつながり、ひどくなると抑うつ感からうつ病になってしまうこともあります。
そのため「更年期障害だから」と症状を我慢するのではなく、早めに婦人科を受診し、治療をするようにしましょう。また「若いから大丈夫」と過信しないようにしましょう。無理なダイエットにより若い頃から更年期障害に悩まされることもあります。

日頃から大豆製品などを積極的に摂り、サプリメントも取り入れながら更年期障害に負けない体づくりをしていきませんか?


2016年9月2日 19:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop