高齢ドライバーの事故件数が増加 進まぬ対策
毎日のニュースの中で高齢ドライバーがアクセルとブレーキを間違えると言った事故が報道される頻度が多くなってきたような気がします。 年々このような事故件数は増加してきているのですが「自分はまだまだ大丈夫」という高齢者が多く、免許の返納などの対策は進んでいません。

免許の返納が進まないのには地域の交通機関の整備がされていないことも背景にあり、免許の返納を促し、事故予防するには交通機関の整備の対策も早急に行わなければならなそうです。

高齢ドライバーの事故

高齢ドライバーの事故件数が増加 進まぬ対策びついてのイラスト 「アクセルとブレーキを踏み間違えて…」とよく高齢ドライバーの事故の原因で報道されています。
また、高速道の逆走や無理な運転などがきっかけとなって大きな事故につながるケースもあります。

そもそも高齢者はなぜ運転を辞めようとしないのでしょうか。今回の記事ではドライブレコーダーを貸し出し高齢ドライバーの運転を自分自身で見直してもらい、 危険な運転をしていないかの自覚をしてもらうという取り組みを紹介していました。

この取り組みの結果、自分の運転の様子を客観的に見ることで危険を認識した人もいるようです。また家族にとっても「危険な運転をしている」と本人に話をし、免許の返納を進めることができると話をされていました。

高齢者の免許返納の課題とは

交通機関が整備されている都市部に住んでいる高齢者や家族と同居している高齢者であれば、車の運転をしなくても生活には事足ります。しかし交通機関が整備されていない地域に住んでいるお年寄りにとって車を運転するということは生活に欠かせないことです。

記事中では、 免許を返納した後に駅に近いところに引っ越すなどの住民がいると書かれていました。
そのことから考えるとやはり交通機関の整備を行わなければ免許の返納をする高齢者は少ないと言えます。

また高齢者が運転を客観的に見る機会を定期的に設けるべきでしょう。
ドライブレコーダーで録画し、自分の運転を見ることで気付かなかった危険を認識させることができます。

まとめ

高齢ドライバーのなくならない事故の原因は、高齢ドライバー自身の問題だけでなく交通機関の整備がされていないこと、地域の買い物できる店が少ないことが挙げられると思います。

そのため、きちんと高齢者の住みやすい環境を作り上げることで事故の件数を減らし、高齢ドライバーの免許返納も進むでしょう。

これからますます高齢者が多くなり、高齢ドライバーも増えていくことが予測され、事故の危険も多くなります。身近な人で危険な運転をしている高齢者がいたらぜひ、声を掛けて自分の運転を客観的に見る機会を持てるようにしてみて欲しいです。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop