高齢化社会が進む日本、その社会で生き抜く術は?
高齢化社会が進む日本にとって、年齢を重ねるにつれどんどん衰えていく体と共にどう生活していくか皆さんとても不安になる問題ではないでしょうか。

技術大国の日本で快適な老後を過ごすための技術はあるのでしょうか。

高齢化社会で生活する問題点とは?

高齢化社会が進む日本、その社会で生き抜く術は?についてのイラスト 老後の健康面や、経済面などの問題はそれぞれ事情があると思いますが、誰でも身体機能の衰えは感じるのではないでしょうか。

例えば白内障で目が見えづらくなったり、老化で耳が聞こえづらくなってしまうこともあります。
目が悪くなると運転や、料理などがやりにくくなりますし、耳が聞こえづらくなれば会話することに抵抗が出てしまいます。

会話が減れば外出する機会も減ってしまうのではないでしょうか。

このように身体機能の衰えによる高齢者の生活難はこれから超高齢化社会を迎える日本にとって問題となっています。

いつまでも自立した生活をできるようにするにはどうしたらいいのでしょう。

日本の技術を活かして

衰えていく身体機能を補助するための道具が次々に作られていますが活用している人はまだまだ少ないのが現状です。
聞こえづらい耳の機能を補助するために補聴器はありますが、日本では13%しか使っていません。

値段も高く、きちんとはめていないと警告音がする補聴器は本人だけではなく周りの人が不快に感じてしまうこともあるのでまだまだ抵抗があるようです。

また、高齢者でも年齢を入れるだけで使いやすく、加齢による感度が落ちる色を補強して疲れにくい機能を搭載したパソコンや、高い場所に食器をしまわないで済むキッチン、火事の心配が少ないIHクッキングヒーターなど高齢者が快適に過ごせるよう日本では次々と高齢化社会に向け新しい技術が発明されています。

高齢化社会には補助してくれる道具が必要

超高齢化社会を迎える日本には核家族などの影響で高齢者だけの家族がますます増えることが予想されています。
いつまでも元気で自立した生活をできれば理想的ですが、年齢と共に衰えていく身体を補助してくれる道具がとても大切です。

補助してくれる道具があることで高齢者自身が快適に過ごせるだけでなく、誰にでも安心・安全な環境作りができるはずです。

高齢者ドライバーの交通事故が後を絶ちませんが、踏み間違い防止装置などが現在開発中です。

加齢対応技術はこれからの日本に必要不可欠で早急に必要な技術ともいえます。


2016年12月18日 19:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop