気を付けて!高齢者が加害者になる交通事故が増えています
高齢者が被害者になり死亡してしまう交通事故の数が全国でワーストを記録している県があります。逆に高齢者が加害者になってしまうケースも増えています。

高齢者社会に加えて、中山間地域では過疎化が進み公共交通機関の廃止などにより自動車を運転しなくてはいけない状態になっていることも原因の一つではないでしょうか。

高齢者ドライバーがなぜ加害者になるのか、高齢者が交通事故の被害者になるのはなぜかということを分析し、交通事故を防ぐような対策が急務と言えます。

高齢者ドライバーについて

気を付けて!高齢者が加害者になる交通事故が増えていますについてのイラスト 高齢者ドライバーは高齢化社会や長寿化に伴い、年々増えています。

また地域によっては過疎化などにより公共交通機関が縮小・廃止され、自動車での移動を余儀なくされている状態であることも高齢者ドライバーが多い理由でしょう。

しかし加齢に伴い、判断力や危険を察知・回避する能力、理解力、反応などは低下していきます。

そのため、運転をしていてもこれらの機能の低下により危険を察知できない、予測できないと言ったことから交通事故につながると考えられます。

また、急に何かがあった場合にすぐに反応できないため、アクセルとブレーキの踏み間違いの事故が起こるのではと考えます。

シートベルトの着用もきちんと行われていません。「シートベルトをしなくても事故に合わないから大丈夫」というような感覚を持っている高齢者が多いようです。
そのためシートベルトの未着用による被害も多くなっています。

今後の高齢者ドライバーに対する事故予防

高齢者にも自動車を運転しなければならない理由もあるはずですので一概に「●歳以上で免許を更新できない」という決まりはできません。

しかし一定の年齢での免許更新時の実技や認知面での試験を義務付け、基準に達していない高齢者には免許を更新しないという厳しい対策をしても良いと思います。

そして公共交通機関の整備ができていない地域においては、地域の乗り合いバスなどを整備し、買い物や受診などに不便がないようにすることが絶対ですね。

また、高齢者全体に対して交通安全の講習会ももっと積極的に行うべきでしょう。
シートベルトの着用はもちろん、安全な歩行の仕方などを定期的に講習することで自分は加害者にも被害者にもなりうるということを理解してもらう働きかけが必要であるのではないでしょうか。

まとめ

今回の記事でシートベルトを座席の上で止めてその上に座っていたという話がありました。

確かに現在の車はシートベルトをしていないと警告音が鳴って知らせてくれます。
しかしそれが、ただた、だ「うるさい」と感じてしまっているだけなのでしょう。加齢による危険察知能力の低下というよりも安全に対して過信しているようにもとれます。

また、自動車での移動を余儀なくされている地域に対して 、免許を強制的に免許の返還を促すのもあまりに酷な話です。高齢者の免許返還と同時に買い物難民対策をしていく必要があります。

運転免許の返納などと一緒にその部分もしっかりと検討して欲しいと思います。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop