増える高齢者犯罪・・・再犯を防ぐことが大切
今、高齢者犯罪を犯して刑務所に入り服役した後にまた再犯で刑務所に再度入所するということが増えてきています。
また刑務所に入所している高齢者の中には認知症を発症している、介護を必要とする状態の高齢者もいるため無料の介護施設化していると言われています。

なぜ、高齢者は繰り返し刑務所に入ってしまうのでしょうか。
それには今日本が抱える様々な高齢者を囲む問題が背景にあるのです。

高齢者が犯罪を犯す理由

増える高齢者犯罪・・・再犯も防ぐことが大切についてのイラスト 高齢者が起こす犯罪の種類では万引きや窃盗などが多いと言われています。
なぜこのような犯罪を犯してしまうのでしょうか。
/br>その背景には生活の困窮も挙げられますが、社会との交流が少なくなり、さみしさや孤独感から犯罪を犯すとも言われています。

生活の困窮の問題では、年金が未納の状態であったために十分な年金がもらえていないことやしっかりと納入していても金額が少ないことなどが挙げられます。
収入が不十分であるため、生活に困り食料品を盗むなどの犯罪に繋がっていきます。

またさみしさや孤独感ではどうしたらこの思いを解決できるのかわからずにいて犯罪を犯してしまうのかもしれません。
また再犯の場合、刑務所での生活が自宅での生活よりも快適で過ごしやすかったのかもしれません。

再犯を防ぐには

高齢者の再犯を防ぐには高齢者の支援体制がもっと充実したものにしなければなりません。
生活が困窮しているのならば生活保護などの制度を利用し、犯罪を犯さなくても生活できるようにするべきです。

その行政との橋渡し役をする身近に相談できる存在が不足しているのではないでしょうか。

また、犯罪を犯すということが社会に反することであるという認識ができずに犯してしまう場合もあるでしょう。
この場合は認知症が考えられ、適切な治療を行わなければなりません。

孤独感を感じている高齢者に対しては地域のボランティアの活用や高齢者センターなどでの交流などを行うことができたら話し相手もでき、孤独感の解消にもつながると考えます。

そして気軽に相談できるような人がいるだけでも高齢者の気持ちは変わってくると考えます。

まとめ

今、刑務所では介護が必要になっている高齢者が増え、対応に困っているとの話も聞きます。
本来刑務所は服役し、罪を償う場です。

しかし介護状態になってしまった場合、対応に苦慮するでしょう。
また刑務所から出所した後の受け入れ先も不足しています。

これから社会全体で高齢者の犯罪を防ぐ対策を考えていくのが急務でしょう。


2016年7月11日 19:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop