高齢者ケアとは? 高齢者ケアの問題点について考える
高齢者が安心して地域で暮らすためには、さまざまな問題点があります。
今回は高齢者ケアについての問題点をピックアップしていきます。 地域包括ケアシステムを核にしても、サービスには限界があり在宅生活では家族の負担が大きくなってしまいます。

この問題点を解消につなげるためにはどのような対策があるのか考えてみたいと思います。

高齢者ケアとはどのようなものか?

コ高齢者ケアとは? 高齢者ケアの問題点について考えるについてのイラスト デンマークで生まれた高齢者の自立性を尊重する「高齢者ケアの3原則」があります。

住み慣れた自分の家に住み続ける「環境の継続性」、本人の考え方を尊重する「自己決定」、自分の技術や知識を生かしながら、可能な限り自分の体を使い続ける「自己資源の活用」の3点です。この3原則が高齢者の自立を促すことの基本となります。

先にあげた高齢者ケアの3原則は当たり前のようなことですが、実行するのはなかなか難しいものなのです。介護の場面では、本人の考えや思いよりも介護する側を中心として動きがちなのです。

先にあげた高齢者ケアの3原則を意識して、よいコミュニケーションがとれると、介護する側、される側双方に安心感が生まれ、信頼関係を築くきっかけになります。

高齢者ケアの問題点と対策

高齢者ケアの現状から、さまざまなケアの工夫がなされています。

ところが、地域包括システムを核とした町づくりを中心として高齢者ケアを支えていても、行政からのサービスでは希望を全て網羅することはできません。また、在宅生活となれば、家族の負担も増えるばかりなのです。高齢者の自立につながるケアができにくいのです。

そこで考えられたのが、高齢者が世話をする側にまわれるような機会の提供です。例えば、高齢者カフェでの話の聞き手役であったり、カフェでの簡単な調理をしたりなど活躍の場を提供することで高齢者の自立を促すことにもつながっていくのです。

まとめ

高齢者ケアと考えれば、若い世代の人たちが中心となって行っていくべきと考える人が多いでしょう。

しかし、高齢の人たちにもさまざまな思いがあります。
高齢者ケアの3原則に戻って考えてみると、自分の知識や技術を生かしていくことで、生きる力となり、住み慣れた家で暮らしていくことにつながると考えます。

若い世代だけが支えるのではなく、高齢者もお互いを支え合うことで、より「高齢者ケアの3原則」が生かされ、安心して暮らせる町づくりにつながっていくものと考えます。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop