地理情報システム(GIS)を使って高齢者の交通事故を防ぐ
地理情報システムGIS)を利用して交通事故対策を行うことにした県警があります。
高齢者の増加に伴い、交通事故で高齢者が被害者となることも増えてきています。

また逆に高齢者が加害者になる事故も増えているのも事実です。
この地理情報システム(GIS)によりどの地点で交通事故が多発しているか把握し、その地域で高齢者向けの交通安全教室などを行い、事故の予防をするようにするとのこと。

今、全国32自治体で導入されているということでこれからますます増える高齢者に対しての交通安全対策に一役買ってくれるのではないでしょうか。

高齢者が被害に合う交通事故

地理情報システム(GIS)を使って高齢者の交通事故を防ぐについてのイラスト 高齢者は交通事故で被害にあってしまうことが多くあります。

加齢に伴い、危険に対しての考える力が低下してしまうことが主な原因であると言えるでしょう。

また、下肢の筋力低下も生じるため歩行速度も遅くなります。

自身の歩行スピードが落ちたことを自覚できず「いつも渡れているから大丈夫」というように道路を横断してしまい車と衝突するというケースもあるでしょう。

年齢を重ねるごとに低下していく様々な機能が交通事故を引き起こす原因となってしまうのです。

高齢者が加害者の交通事故

高齢者が被害者になる理由は先ほど述べましたが、逆にその原因により高齢者が加害者になってしまうケースも増えてきています。

よくあるケースは車を運転している際にブレーキとアクセルを踏み間違えてしまったという車の運転操作を誤ってしまったことではないでしょうか。

また、歩行者や他の車などの発見が遅くなり、ブレーキを掛けることが遅れ、衝突するなどの事故もあるでしょう。

このように高齢者が加害者になってしまう交通事故では高齢者の認識力や判断力の低下が大きな原因と言えるのです。

まとめ

この地理情報システム(GIS)を使った交通事故の分析は高齢者の交通事故の防止に大きな意味をもたらすと言えるのではないでしょうか。

また高齢者以外の交通事故の防止などにも当然効果をもたらすと言えます。
交通事故が多発している地点が分かることで周辺地域の高齢者に向けて交通事故防止の安全教室を行うことで高齢者自身も気を付けるようになるでしょう。

またその教室を通して安全に対する考え方を高齢者自身が見直し、自分でも交通事故に合わないようにするための対策を講じるように働きかけることもできます。
そうすると自然と交通事故自体が少なくなるのではないでしょうか。


2016年7月21日 9:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop