高齢者向け給付金制度の受給条件は?確認しましょう!
高齢者向け給付金の受給条件を知っていますか?
この高齢者向け給付金は年金生活者等支援臨時福祉給付金のことを指しています。

政府の一億総活躍社会の中の取り組みの一つであり、年金のみの収入の方などを対象とした給付金です。
支給要件を満たした高齢者に対して1人当たり3万円が給付されます。

昨年にも臨時福祉給付金という形で給付金が支給されましたが、今回は経済的に切迫しがちな高齢者世帯の所得を底上げするという意味を持って支給されるとのことです。

高齢者向け給付金制度の概要

高齢者向け給付金制度の受給条件は?確認しましょう!についてのイラスト 国民全員が社会で活躍できるよう様々な政策を実施している政府ですが、その中で賃金の引き上げも行われています。

実際にその賃金の引き上げを感じている人がいるかどうかは定かではありませんが、年金のみの所得の高齢者にとっては全くと言っていいほどこの賃金の引き上げによる好影響はありません。

その中で高齢者世帯に対しても賃金引き上げと同様に所得を増やすことができるよう、また高齢者世代の消費活動を促進するために給付されるのがこの高齢者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)なのです。

昨年度も同じように臨時福祉給付金として一律6000円が支給されています。
その臨時福祉給付金の支給対象者に対して今回も高齢者向け給付金として支給されることにあんりました。

高齢者向け給付金の支給対象者

高齢者向け給付金の支給対象者は昨年度の臨時福祉給付金の支給の対象となっている高齢者であり、来年度末(平成29年3月31日まで)までに65歳以上になる昭和27年4月1日以降に生まれた高齢者です。

昨年度の臨時福祉給付金とは平成27年度の住民税が課税されていない人に対して一律6,000円の給付金が支給されたものを指します。
この臨時福祉給付金では高齢者以外にも住民税非課税の人が対象となっていました。今回の高齢者向け給付金に関しては年齢制限があるので注意が必要です。

しかし対象になる高齢者がすべて支給されるわけではありません
。生活保護を受けている場合、課税されている家族の扶養に入っているなどの条件があると支給対象外となります。

まとめ

高齢者向け給付金の支給の申請は申請書の記入が必要になります。
平成27年1月1日時点で住民票がある市町村へ申請書を依頼し、記入し、申請します。申請の際は直接持参するか郵送でも手続きが可能です。

申請が受理されて、支給対象者であると判定された場合に指定の口座へ高齢者向け給付金が支給されます。

なお、支給対象者や給付金の支給申請に関しては今お住まいになられている市町村へ問い合わせをすることで詳しく説明を受けられます。


2016年7月23日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop