高齢化社会に進む中国!高齢者対象旅行のサービスを公表
日本でも高齢化が進んでいますが、中国でも同様です。また人口が世界一なら高齢者数も世界一です。 それに伴い旅行者における高齢者の割合は2割にも達しています。
今回は高齢者向けのサービスを見て行きましょう。

中国における高齢化と高齢者問題

高齢化社会に進む中国!高齢者多雨小旅行のサービスを公表についてのイラスト 中国では「晩婚」「少産」といった人口抑制政策を行い「一人っ子政策」が実施されていました。
その結果、人口抑制について大いに効果を得られましたが、ここにきて高齢化問題が浮上してきました。
今後益々加速していくものと 見られています。高齢化問題として日本でも問題になっている扶養についてですが、中国では親の扶養は子供として 当然といった考え方がいまだに根強く、現在も約8割の人たちが2世帯3世帯と同居しているようです。
高齢者に対しての「敬う」という道徳的な意識は強く、親孝行を当然のように受け止めています。

健康高齢者の楽しみ

これは万国共通で「旅行」が楽しみの中の重要な位置を占めていると思います。 中国でも旅行者の2割が高齢者という結果からもうかがえます。その際の基準的なものについては、今まで中国にはありませんでした。旅行業界は今後益々の発展が想定されます。
「高齢者旅行市場は大きな可能性を秘めている。ただ現在は、高齢者向けサービスとしての問題が少なくないため、市場の力強い成長に対応できていない」そこで南開大学の教授たちが、サービスに対して高齢者の権利を守れるような規格を草案しました。

「高齢者対象サービス」の工夫

例えば、旅行サービスでは階段が少なく移動に際しても歩行距離が短かったりと心使いがされたプランもあります。 また、遠方への旅行となると同行の介護サービスもあります。
車椅子での移動から介護タクシーの手配までしてもらえ、家族旅行の際に高齢者本人も家族も共に楽しめるよう配慮されています。 また、日本では旅行に際しては介護スタッフと医療スタッフの協力で行われる旅行サービスもあり、例えば東京の車椅子生活の高齢者の方が九州の里帰りに同行するということもあります。
また旅行会社も色々と高齢者向けのプランも提案しています。ある旅行会社のプランに「日帰り温泉旅行」の企画を見つけました。リフトバス・貸しきり温泉での入浴介助付きなどもありました。

まとめ

日本に限らず世界中が高齢化問題を抱えています。 そんな中でも旅行は楽しみたいと考えられている高齢者の方やご家族のためにも、どんどんサービスの向上を図ってもらいたいですね。
中国においても旅行業界のサービス向上が国の産業にも良い発展起因となると思います。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop