高齢者の癒しスポット!コミュニティカフェとは?
高齢者が普段生活していくなかで、さまざまな問題が浮上してきます。
大阪の支援団体では、高齢者たちが気軽にはいれるカフェを運営しています。
内容は多岐に渡り公的機関の利用方法から、何気ない日常の不安までと行政の行き届かない側面をフォローしています。

今日もコミュニティカフェでは、高齢者の笑顔でいっぱいです。

高齢者のコミュニティ「えがおの樹」

高齢者の癒しスポット!コミュニティカフェとは?についてのイラスト 大阪にある「えがおのあふれる街づくり」を目指して設立されたボランティア団体で、 高齢者たちのコミュニュティの場として駆け込み寺の役割も果たしています。

またカフェサロンもあり、見回り介護、ウォーキングツアー、 各種セミナーも開催されています。カフェでは150円のドリンク1杯で時間制限もなくおしゃべりしたり将棋などをして 楽しく時を過ごす高齢者の方々がいらっしゃいます。

高齢者危機とは

色々あると思います。例えば生活に困ったとき、受けられる公的な支援があります。
でも書類を申請しなければいけないと言われます。
そもそも本来受けられる支援すら、本人達は知らないことのほうが多いのです。

大阪で起きた痛ましい事件の「介護疲れ」による老老介護の高齢者の無理心中事件もそうではないでしょうか。同じようなことが先日も報道されていました。 もし、誰かに相談できていたら・・・こんな状態になる前に何らかの打つ手もあったと思います。
日頃いかに世間との関わりが少ないかがわかります。

テレビで拝見しましたが、高齢者を狙った詐欺事件も後を絶ちませんよね。私達は普段の生活の中で親切すぎる人がいれば、逆に怪しいと疑うことができます。それは普段からある程度、人と接している日常の経験からの判断です。

ですが、毎日誰とも接することなく、ずーっと1人の生活だったらどうでしょう?
 優しい一言につい心が揺れてしまいますよね。何気ない会話でも構いません。

誰かと接するということはそういった意味で自分を守ることにもつながるのです。

コミュニティが高齢者を救う

色々な悩みを抱えているのは人間全てです。
その悩みを軽減してくれるのもまた人間なのではないでしょうか。

悩みを1人で抱え込んで、どんどん深みに嵌ってしまう時、他人の色々な意見や経験が追い詰められた思考にストップ の役割も担います。ましてや同じ時代を生きてきた高齢者同士なら尚更でかないでしょうか?

こんなにいい事なのに 高齢者は孤立状態にあるのはなぜなんでしょう?
それは「場」が無いことも大きな要因ではないでしょうか?
お茶は大好きです。そしておしゃべりも大好きです。
コミュニティカフェはそんな高齢者の救いになりますね。

まとめ

「話しをする」ということは最も大切な人間のツールです。
そして、認知症予防に最も効果的な行動だということ は立証されています。
1人ではどうすればいいのでしょうか・・・?

高齢者が集まれる場所をつくっていく・そこに集まれるように自治体が声をかけていく。
地域で連携することが大切です。

色々な世代が知恵を持ち寄りながら、コミュニティカフェでのおしゃべりが楽しめる処、生活の場が出来ることは、 地域の活性化にも繋がるのではないでしょうか。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop