高齢者は熱中症になりやすい!この時期から対策を考えましょう
GWも終わり日差しも益々きつくなってきました。
天気のいい日は夏日のような気温になる時も・・・

そんな時は熱中症に気を付けましょう。
特に高齢者の方は熱中症になりやすいので注意が必要です。

昨年、自宅で高齢者が熱中症による死亡事故も起きています。
本格的な夏を迎えるこの時期からしっかりと対策を考えて行きましょう。

なぜ高齢者は熱中症になりやすいのでしょうか

高齢者は熱中症になりやすい!この時期から対策を考えましょうについてのイラスト 熱中症患者の半数以上は65歳以上の高齢者と言われています。なぜ高齢者の方が熱中症になりやすいのでしょうか?

それは年齢と共に暑さを感じる事やのどが渇いたと感じる調整機能が低下してしまうからです。

「昔の夏の方がもっと暑かった」「昔はクーラーなんてなくても過ごせたから大丈夫」こんな高齢者の声をよく聞くことがありますがその言葉を鵜呑みするのは危険です。

また食事量も高齢になるにつれ減っていくのでそれに伴い水分量も減っていて脱水を起こしやすい状態にある場合があります。

そこに気温があがり発汗するとすぐに脱水症状をおこし熱中症を引き起こしてしまうのです。
また高血圧や心不全などで利尿作用を持つ薬を服用されている方も注意が必要です。

高齢者が熱中症にならない為の対策方法は?

室内では温度計を付けてこまめに室温を確認しましょう。
そして扇風機やエアコンで温度調整するようにしましょう。

特に夜間の寝苦しい日に熱中症で運ばれる高齢者が多いのでエアコンをつけるほうが良いでしょう。
他には遮光カーテンやすだれ、打ち水なども効果的です。

外出時は真夏に入る前から注意が必要です。
天気の良い日は日傘や帽子を常に忘れずに。こまめに日陰で休憩することも大事です。通気性の良い服を着用し体を冷やすグッズを利用するのもいい方法です。

そして室内、室外問わずこまめに水分を補給することが大事です。「のどが渇いてない」と感じていても体が欲しています。経口補水液など塩分、糖分の含んだ水分をこまめに取るように心がけましょう。

まとめ

今年の夏は猛暑の予測もされています。
節電を気にしてエアコンをつけるのに気が引けてします事があるかもしれませんがしっかりと室温を確認して、気温の高い時はエアコンや扇風機を使うようにしましょう。

その日の体調も影響を受けやすいので少しでも調子が良くない時は外出を控える事も考えましょう。


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop