高齢者が詐欺被害に合いやすいのはどうして?
高齢者詐欺被害を受けることが多く見られています。
これには高齢者の持つ特性が関係しています。

また詐欺被害に合ってもどこに相談していいかわからずに泣き寝入りしてしまうケースもあるでしょう。 もし詐欺被害に合ってしまった場合は消費者センターに相談することで解決への手立てになります。

詐欺被害に合いやすい高齢者とは

高齢者は詐欺被害に合いやすいのはどうして?についてのイラスト  高齢者はどのような人物に対して詐欺被害を受けてしまうのかという研究をした大学があります。
その結果で高齢者は見た目で騙されてしまうことが多いということが分かりました。

また、この研究の中で若者は裏切った人に対しては警戒するのに対し、高齢者は裏切られた経験があったとしても 見た目が良い人であれば信用してしまうことも分かっています。

そして高齢者世帯や独居の高齢者に関しては孤独感を感じているケースが多く、その孤独感から詐欺の電話であっても孤独感が解消されるように感じそのまま被害に合ってしまうこともあります。

詐欺被害に合った時は消費者センターへ相談

もし詐欺被害に合ってしまった時はどうしたら良いのでしょうか。

まずは最寄りの消費者センターへ相談しましょう。
消費者センターは各自治体に設置されていますが、名称は市民生活センターなど様々なようです。
消費者センターへ詐欺にあったかもしれないと相談すると専門の相談員が相談に乗り、詐欺かどうかの調査などを行い、適切な対処をしてくれます。

また自分の家族が被害に合ったかもしれないと気付いた時にもすぐに消費者センターへ相談をします。
警察に相談しても良いでしょう。高齢者の中には被害に合っても黙っているケースもありますので、家族や近い人が声を掛けることも大切になります。

詐欺被害に合わないためには

では詐欺被害に合わないためにはどうするべきなのか・何をすればいいのか・・・ 防犯の強化など色々ありますが、 やはり「騙されない」という強い意志が必要であると感じます。

詐欺の手口では自分に関係する家族になりすましてくる場合もありますが、最近では家族でないことがばれないように第三者を装っているケースが増えてきているのです。 そして念入りに家族構成や勤務先などを調べているため、あたかも自分の家族が何かをしたという感情につなげて振り込みまでさせてしまうのです。

詐欺に対しての対策は徐々に行われています。
しかしその対策に対しての更なる手口を考えてきているのが詐欺集団です。

これらのことをしっかりと高齢者に周知させることも詐欺被害を防ぐ第一歩になると感じます。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop