高齢者への助成制度を見直して、自治体財政の負担軽減を。
各自治体では様々な高齢者向けの助成を行っています。バスやタクシーの費用を一部負担する、紙おむつの自己負担金を一部負担するなどが挙げられます。75歳以上が対象の後期高齢者医療制度も助成制度の一部です。 高齢化社会が加速する現在、自治体の中で助成制度が財政状況を圧迫しているところもあります。

お年寄りに対する助成制度とは

高齢者への助成制度を見直して、自治体財政の負担軽減を。についてのイラスト 各自治体が工夫を凝らしてお年寄りに対して助成制度を行っています。バスやタクシーなどの交通料金を負担するところや紙おむつの自己負担の一部を助成する制度、配食サービスなど様々な助成が行われています。お年寄りは就労していない方が多く、年金で生活をしている人が多いでしょう。そのような限られた収入の中で生活している人にとっての助成制度はありがたいものです。

助成制度の問題点

お年寄りにとってありがたい助成制度ですが、高齢化が加速する現代では財政負担にもつながります。また、助成内容によっては不適切な助成になってしまうことも考えられます。例えば、バスやタクシーの料金の助成で考えてみましょう。足腰が弱っていても一人ないし簡単な介助で外出できるお年寄りにとってはありがたいものです。しかし、寝たきりで外出できない人に対して同じようにバスやタクシーの料金の助成をしてもあまり意味がないのではないでしょうか。対象年齢に対して、一律での助成をしてしまうとこのように無駄に近い助成になってしまいます。

助成制度の今後は

高齢化社会になるとはいえ、健康なお年寄りも少なくはありません。また反対に寝たきりになってしまったお年寄りもいます。そのような状態の差を見極めて、適切な助成を行うことでお年寄りが生活しやすい世の中になるのではないでしょうか。また、適切な助成を行うことで、自治体の財政負担の軽減につながるのではないかと考えられます。

最後に

ありがたい助成制度も、使わないお年寄りに助成してしまっては無駄になるだけです。逆に必要なお年寄りに助成することで生活がしやすい環境になると考えられます。助成制度は自治体が主に行っていますが、助成内容の必要・不必要については私たちから声をあげないと理解してもらえないことが多いでしょう。身近にお年寄りがいて、何かしらの助成を受けているお年寄りがいたら助成内容を確認し、自治体へ意見を伝えるのも良いのかもしれません。限りある財政を守るためにも、私たちができることをしませんか。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop