高齢者の様々な住まいについて考える
一人暮らしや老夫婦だけの生活に不安を感じ始めたとき、新たな住まいを検討するきっかけになることがあります。一般的に老人ホームとひとくくりにされてしまうことが多いですが、特別養護老人ホーム、有料ホーム、サービス付き高齢者向け住宅など形態もさまざまです。 また入居にかかる費用やサービスの質にもばらつきがあります。それぞれについて少し考えてみましょう。

特別養護老人ホームについて

まずは特別養護老人ホーム(特養)です。介護保険で要介護3以上の状態ではないと入居できないのですが、介護サービスを含めた上での費用で、比較的安価で済みます。さらに看取りも可能で、入居したら介護度が高くなっても入居し続けることが可能です。そのため多くの方が希望されているので、入所待機者が多いことが問題となっています。1年以上待機することも少なくありません。

介護付き有料老人ホームについて

次に介護付き有料老人ホームです。ホームが住まいと介護サービスを一体的に行っている点は特養と同じですが、費用は高めになっています。さらに介護度に関わらず、入居できるのが、特養との大きな違いになっています。

住宅型有料老人ホームについて

さらに住宅型有料老人ホームです。食事や安否確認などがついた住まいといった形です。介護サービスはついていないので、介護事業所からのサービスを使う必要があります。このサービスもホームが別に運営する事業所のものを使うことが多いです。そのため、入居費以外に介護サービス費が必要となります。看取りはその施設によってさまざまなので、体調悪化した場合、退去せざるを得ない場合もあります。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)について

その他にもサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)もあります。住居を提供し、生活相談などを提供する形になります。食事などは希望する場合に可能といった形です。介護サービスも外部サービスを利用することになります。費用やサービスの内容も施設によって異なる場合がほとんどなので、自分にあった施設を選択することが重要といえるでしょう。

グループホームについて

また認知症の方を対象にしたグループホームもあります。10人程度で大きな一軒家で生活する形です。認知症でなければ入居できませんが、食事、生活支援と介護サービスが一体的に提供されます。

まとめ

高齢者の様々な住まいについてイラスト このように高齢者の住まいにもさまざまな形があります。今の介護保険では、サービスを限度額いっぱい使っても、要介護者を24時間支えられません。金銭的な負担も大きな問題となってきますが、施設とひとくくりで考えるのではなく、その方の生活や介護度などの状態に応じた住まいをじっくりと考えていく必要があります。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop