高齢者向けの旅行とは?リハビリとしても旅行は有効です!
高齢者向け旅行を支援している協会があります。
その協会では介護が必要な方も安心して旅行ができるよう介護と旅行の技術を併せ持つトラベルヘルパーを育成しています。
介護の必要がある方も旅行したいと考えています。

また介護が必要でない場合でも旅先で何かあったらどうしようという思いを抱き、なかなか旅行に踏み出せない方も少なくありません。
そうした方たちが安心して旅行を楽しめるために、このトラベルヘルパーの存在はとても大きいと言えます。

介護が必要でも安心して旅行するためのトラベルヘルパー

介護が必要になったら旅行をあきらめる方も多いでしょう。
しかし今そうした需要に対してトラベルヘルパーを育成し、旅行をサポートしているNPO法人日本トラベルヘルパー協会があります。

普段は介護をされる側の方は「お世話をしてもらっている」という気持ちで過ごされています。
しかし旅行に行くとその気持ちは変わります。
旅先で観光をする、お土産を買うなどの当たり前の行動に対してもお客様として対応されることで「ありがとう」と感謝されます。 その気持ちは要介護者にとっても刺激になります。

旅先で見せるいつもと違う表情

  要介護者は出かけずに家などで過ごす時間が多くなります。
そうした環境で見せる表情と旅先で見せる表情はがらっと変わるそうです。
実際に要介護者の方が旅行をした時、いつもは気難しい表情を見せていたのに旅先では笑顔が多く、会話も弾んだそうです。

一緒に旅をする家族にとってもうれしいことですよね。
さらに旅をサポートしてくれるトラベルヘルパーが付いてくれることで介護面の心配もなく、安心して旅行を楽しむことができます。

トラベルヘルパーは旅行面でのサポートはもちろん介護面のサポートもできる存在です。
介護職員初任者研修の資格を取得しているため、日常生活面での介護も移動などのサポートもできるとのことです。

まとめ

トラベルヘルパーの存在は要介護者とその家族にとって旅行という楽しみを持つことができるいいきっかけになりますよね。
旅行は行く前からワクワクした気持ちになり、旅先でも楽しめ、さらに帰ってきて思い出として残るので、生きる意欲にもつながると言えます。

今まで「介護が必要だから旅行をあきらめていた」という方もぜひトラベルヘルパーの力を借りて、旅行を計画してみませんか?実際に旅行をすると本人もその家族も安心して過ごすことができますよ。


2017年11月1日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop