厚生労働省 都道府県による介護費用格差が1.3倍に
厚生労働省は、全国の1人あたりの介護費用においての推計を発表しました。 超高齢社会である日本は、介護関係における費用も莫大なものです。
都道府県で格差が1.3倍もでるということは都道府県においても、高齢者の人口比率にも差があるからということはわかりますよね。では、実際どのようなものが費用として加算されているのでしょうか。

実際の「介護費用」って?

厚生労働省 都道府県による介護費用格差が1.3倍についてのイラスト 「介護費用」とは一体どういった費用がかかるのでしょうか?自宅の増改築(手すりをつけたり段差の解消やトイレお風呂等) や介護用(ベッド、車椅子等)の購入などですが在宅介護と施設入所とでは異なりますがおおよそ2~300万円ほど がかかるようです。

介護が必要になるということは、要介護認定をうけて認定が降りれば介護保険を使えます。その介護保険で「レンタル」すると言う手があります。 購入の前に市町村の介護保険担当へ問い合わせて見ましょう。

自宅の改修工事についても介護保険の適用がある場合もあります。
但し色々な計算があって500万以上とも言われます。 その上、在宅介護の場合の費用は、訪問ヘルパー・デイサービスを利用して介護保険のサービス費用が1割負担だとしても、医療費もかかればおむつ代など費用が以外にかかります。

都道府県の格差

大阪府は月額平均が32万程で最高額となり、栃木県の最低額の1.3倍となっています。
そこには大阪府の介護認定が他県よりゆるくなっているのも原因ですし、施設の設備が満たされていることもあるようです。
また介護費用の施設における費用は地域格差があまり見られず10万円程度ですが、在宅においての介護は沖縄県の20万円弱から高知県の10万円程度までと格差が広がっています。

まとめ

介護費用は本人にも家族にも大きな負担となります。
公的資金を十分考慮してケアマネージャーや市町村の介護サービス課などに相談しましょう。介護施設についても費用の面ではピンきりです。入居費以外にも色々と費用がかかりますから入所の際には確認をしましょう。
子供世代も一番お金がいるときでもあります。無理の無いマネープランが必要です。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop