熊本県震災後 感染症が被災者を襲う
先日起きた熊本地震。
家屋の倒壊など大きな爪痕を残し、今なお避難所での生活を余儀なくされている人たちが多くいます。
その熊本の避難所では今、ノロウイルスによる感染症が流行していると言われています。

ノロウイルスは人を介して拡大していく強い感染力を持つものです。
そのため衛生状態などに注意していかなければ感染は拡大するばかりです。

なぜ避難所でノロウイルスの感染が拡大してしまったのか

熊本県震災後 感染症が被災者を襲うについてのイラスト 地震などの災害により避難所で生活をすることになった時、始めは災害のこともあり気持ちが緊張している状態であると言えます。

その後避難所での生活が長くなるにつれて自宅での生活とは違うという気疲れや休めないという身体の疲労が溜まってきます。

そうすると抵抗力が落ち、風邪を引きやすくなる、感染症にかかりやすくなるなどの状態になってしまいます。 また自宅とは違い不特定多数の人が生活している避難所では何らかの原因で持ち込まれる病原菌が多くあります。

また、断水などによるトイレなどの衛生が保たれない状態になってしまいます。
このことからノロウイルスを始めとする感染症が一度起こると早いスピードで拡大してしまうと考えられます。

感染症の拡大を防ぐには

感染症の拡大を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。

まずは手指の清潔を保つことが大切になります。もし断水で水が出ないのなら除菌効果のあるウェットティッシュを使って拭きましょう。また、アルコールスプレーも有効です。
使った食器などを薄めた塩素系の漂白剤に漬けておくのもノロウイルスには有効です。

またもし避難所の中で嘔吐や下痢を繰り返す人が出た場合には、その人の触った場所や衣類を塩素系漂白剤で消毒します。塩素系漂白剤はノロウイルスに有効と言われています。災害時は衛生よりも命を守ることが優先とされます。そして清潔を保つための消毒液などの物品は後回しになりがちです。

避難グッズの中に除菌のウェットティッシュを入れておく、マスクや使い捨て手袋を入れておくなどの対策をしておくといざという時に自分を守ることができると言えます。

まとめ

どうしても後回しになってしまいがちな衛生ケア。
しかし抵抗力が弱っている人には感染の危険が高まります。
また乳幼児や高齢者は命の危険さえあります。

そのためには避難所の衛生対策をしっかりと行うこと、手洗いやうがいを行うことなどを早期から開始できるように避難所の備蓄の中に入れておいて欲しいと感じました。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop