福祉避難所の課題を熊本地震で考えてみると!
地震などの際に一般の避難所での生活が困難な人に対する福祉避難所というものがあります。

しかし福祉避難所の意味を知らない住民が多く、課題となっています。
福祉避難所では要介護状態の人や障害を持っている人、妊婦や子供、高齢者など一般の避難所での生活に困難が生じる人たちを対象としているのですが、そのことが周知されておらずに一般の避難者が押し寄せ避難所の開設ができないこともあります。

福祉避難所とは

福祉避難所の課題を熊本地震で考えてみると!についてのイラスト 福祉避難所というものを知っていますか?

この避難所は地震などの災害時に自治体などが中心となって開設される避難所とは違います。
要介護者や障害を持っている人、妊婦や子供、高齢者などが対象となっている避難所です。

一般の避難所は学校の体育館や公民館などの公共スペースを避難所として開放しています。

しかしトイレなどがバリアフリーではないことが多く、硬い床に毛布などを敷いて寝るような形になるため上記の人たちには生活が困難な場合が多くなります。

そのためバリアフリー化されている福祉施設などを福祉避難所として開放し、受け入れをすることにしているのですが周知が不十分であり、一般の避難者が押し寄せてくるという課題が生じています。

福祉避難所に求められることとは

自治体によっては福祉避難所の場所を公表しているところもあります。

一方、公表することで一般の避難者たちが押し寄せる器具をしている自治体もあり対応に苦慮しているようです。

福祉避難所の対象者がもし避難所に入ることができなかったらどうなるのかを考えていただければ対象外の避難者たちは一般の避難所に身を寄せるようになると考えられます。

しかし近くに避難所があれば身を寄せたいと思っている人がほとんどであるため、明確な線引きをしておかなければ意味がありません。

しっかりと福祉避難所の対象や場所、設置意義などを住民たちに周知させ、万が一の時には速やかに福祉避難所を開設し対象者を受け入れることが求められます。

また災害時に一般の避難者に対して「ここは福祉避難所です」ということをアピールし、最寄りの避難所を案内することもトラブルの防止になるような気がします。

まとめ

地震などの自然災害はいつ起こるかわかりません。

各自治体では防災マップのような避難所がどこにあるのか、避難経路はどこを通るのかなどを掲載したものを作成しているでしょう。

「自分たちは大丈夫」と過信することなく、家族でも避難所の場所の確認などを行い、誰もが避難生活を少しでも安心して送ることができるようにしていきましょう。


2016年10月19日 9:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop