教育費の相場が高すぎる日本。高齢化社会とどのような影響があるのか?
小中学校の義務教育が終わった後に係る教育費相場は公立の場合81.7万円、私立の場合で130.5万円となっています。

この額を高いととるのかどうかということは個人の価値観であるのですが…この教育費を捻出できない家庭では希望する学部などに進学することができずに就職するなどの流れになります。
この流れでは社会人となった時に興味がない分野に進むことが多くなり、結果貧困状態に陥ってしまうことにもつながります。

貧困って…

教育費の相場が高すぎる日本。高齢化社会とどのような影響があるのか?についてのイラスト 少し前のテレビで貧困をテーマにしたものがあり、本当の貧困ではないのではと疑問を持たれたものがありました。

貧困というと食べ物に困る、日々の生活がいっぱいいっぱいというような状態を意味すると思われがちですが、実際は自分の希望する大学や専門学校へ進学ができないということも貧困の中に入るとされています。

なぜ希望する大学や専門学校へ進学できないことが貧困なのでしょうか。
もし「看護師になりたい」「IT関係の勉強がしたい」と思っていてもその職種に就くためには専門の学部や専門学校へ進学する必要があります。

しかしその進学費用がない家庭では進学ができずに就職をすることになるでしょう。
就職するにしても希望する分野ではできないかもしれません。そうすると転職を繰り返してしまうかもしれません。

そして歳を重ねていくごとに働くことができる業種が狭まってしまいまた貧困へのスパイラルに入ってしまうことも考えられます。

教育費が高いことは高齢者にも影響する?

日本の教育費の相場は公立の場合81.7万円、私立の場合で130.5万となっています。
この金額が準備できなければ希望することを学ぶことができないとも言えます。

もし学びたいことを学べないまま社会に出てしまったらどうなるのかということは先述しました。
そしてこのことは高齢者たちにも関係してくるとされています。

興味がない仕事に就いた場合には何度も仕事を転職してしまうことも考えられます。
もしかしたら働く意欲が失われてしまい、働くことができるにも関わらず働く意思が持てない状態になるかもしれません。

そうした場合には労働力が失われるとともに国としての損失となります。
必要な税金を納める人たちが少なくなり、社会保障費などの財政圧迫にもつながります。

そうすると高齢者たちにも影響を与えてしまうことになります。

まとめ

日本の教育費は他の先進国と比較しても高額となっています。
先日報道された貧困の女子高生の場合でも進学したいと思っていてもその費用がなく進学できないと悩んでいる様子が出ていました。

奨学金などを利用することで進学できるのではと思われる人も多くいるでしょう。
しかし奨学金を借りることで就職してからも返済に悩む人たちもいるのが現状です。

これらのことから教育費を抑えるように大学や専門学校が動いてくれたらいいとは思いますが現状では不可能に近いでしょう。
皆がとは言えませんが、希望する職種で働き、税金をしっかりと納める人たちが増え、安定した経済になるといいのですが、今後どうなっていくのかは難しい問題です。


2016年10月30日 15:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop